FC2ブログ

非現実な君

 君が僕の部屋から居なくなって随分と時間がたっていた。
もう一ヶ月近く君は帰ってきていない。非現実な君はいつも突然帰ってくる。
それは深夜のこともあるし、会社に出社する準備をしているときに

「ああ 疲れた」と言って帰ってくることもある。それから大抵はすぐに
ソファに寝そべって気持ちよさそうに寝息をたてはじめるのだった。
 
 ある日、僕は仕事の関係で家に帰るのが遅くなり、深夜の帰宅になった。
マンションの自分の部屋のドアを開けると明かりがついていて君が
帰宅しているのだと言うことが分かった。今回は昼くらいに帰ってきたのだろうか。

「おかえり」僕は君に言った。
「お疲れ様」彼女はグラスに入れたオレンジジュースをちびちびと飲んでいた。
「あなたも飲む?オレンジジュース」
 調度のども渇いていたから僕は君にオレンジシュースをついでもらった。

 君は僕のグラスにオレンジジュースを注ぎ終わると、すぐにサボテンを持って
ベランダに出て夜空を眺め始めた。

「ここはやっぱり落ち着く」サボテンのとげを軽くつつきながらそう言った。
「じゃあ、ずっとここに居ればいいのに」僕はそう言って君の横に座った。
「そうね。それもいいかもしれない。でも、ここに居続けたらそれが普通になって
この場所はとても良い場所なのに、それに慣れてしまって私はここに帰って
これなくなるかもしれないでしょ」と君はいった。
「まあ、そうかもしれないね」僕は小さく囁くようにそう言って、部屋の中に戻った。

 君が帰ってこないとき、僕は君が何をしているのか全く知らない。どこに行っていて、
何をしているのか、どこに泊まっているのか僕は何もしらない。ただ、君はここに帰ってくる
ということだけを知っていた。

 それは君がいままでにここに帰って来なくなったことなんてないから、
勝手に自分がそう思っているだけなのだけれども、多分この関係は続いていく
のだと感じていた。それは終わりが無くて、そこには始まりも無い。
僕と君の関係は定義し難い関係で、定義する必要もないのだ。
 それは確信に近く、どことなく非現実にも思えた。しかしながら、そんな関係を
続けていくことが僕にとってどれほど安心感を与えることだろうか。

 君はサボテンを持って部屋に戻ってくると、サボテンを窓際のいつもの決まった
場所に戻した。そして、小さくため息をついて背伸びをした。少し小さめのTシャツから
肌が露出して腹部辺りがちらちらと見えた。君はそんなことは気にもしない。
僕もあまりそんなことを気にもすることはない。
 
君と僕の会話は殆どが空中に浮いているような、そしてすぐに消えてしまいそうな
そんな雰囲気の中で淡々と無機質に交わされた。

「あたしね、色々なことを考えながら色々な場所を歩いたの」と彼女は言った。
「そうなんだ。それでなにを考えていたの」僕は聞いた。
「どうして人は生きていて、どうして死ぬのかなとか、サボテンは長生きだなとか、どうして
同じ地球なのに苦しんでいる人とそうでない人がいるのかなとか、ホームレスといわゆる
社会人との境界線はどこなのかなとか、本当に色々なことを考えながら色々な場所を歩いて
それを見てきたの。例えば末期癌の人がいるホスピスに行ったり、孤児院に行ったり、寺院に
行ったり、樹海にもいったし、今回は本当に色々な場所に行って色々なものを実際に見てみたの」
と彼女は淡々と語った。

「それで、君は何か感じることが出来たの」と言うと君は少し考えて話を続けた。
「個々の場所にはその場所独自のルールのような意識があって、きっとその中で規律正しく
皆が生きているのだと、あたしは感じたの。でも、それはある意味とても悲しいことで
視野が狭いことだと思った。あたしは、それを感じられる分だけ色々なものから自由でいられて
幸福なのかもしれないと感じた。それだけ。それ以外に重要なことはあまりなかった」

 僕は君が随分色々なことを考えているだなと思う。でも、仕事もせず、
僕にお金を求めるわけでもなく、どこから君が日々の生活のお金を手に入れているのかが
不思議で仕方なった。君は家賃も半分は出してくれている。僕はいらないと言ったのだが、
部屋代を払わないとここには居られないからと毎月支払ってくれている。
 でも、仕事もしない君がどこからお金を手に入れているのかはいまだに分からなかった。

 そんなことは気にすることでもないのかもしれない。それは君の問題であって、
僕には関係ないことだと言われればその通りなのであるから。
そう、だから君は非現実な人なのだ。僕にとって非現実な人なのだ。
何も分からないけれど生活をしていく能力は持っているとても非現実な人なのだ。 

 君は遠出してきた後、しばらくは部屋に居ることが多い。それは短いときで1週間程度で、
部屋でのんびりしている。いつもグレーのショートパンツにスカイブルーのキャミソールという
格好でマンションの中をうろうろしている。そしてソファに寝そべっていて、近くに置かれた
グラスの中にはいつもオレンジジュースが入っている。でも僕はそのオレンジジュースが
減っているところを見たことがない。

 僕は君がオレンジジュースを本当に飲んでいるのかいつも疑問に思っている。
でも、それも僕には関係ないことなのだ。例え、オレンジジュースという小さな
価値観であったとしても、「グラスのついでいても飲まなければ無駄ではないか」
という価値観を君に諭す権利は僕にはないのだ。
 君は自由な人で、非現実な人。そして僕の世話で君が生きているのではないということ。
君は非現実な人だけれど、しっかりと自立した人なのだ。
僕が君に対して何かを言う権利など微塵もないのだ。

 僕はこれでも分別のある大人になったつもりでいた。しかしながら、それはいわゆる
社会と言われる偶像にすがる人々と同じ意見を口にするだけの大人になったということだった。
こんな分別のつけ方を僕は望んで大人になったのだろうか。

 いつから辻褄が合わなくなってしまったのだろうか。
君という人の自由さ、そして自立の仕方を見ていると、自分が無力に感じてしかたなかった。
君は大人で自立した人で、でも非現実な人で、でも生活していく能力のある人。
その、うやむやな君の存在が僕の価値観を壊したのはいうまでもない。
 でも、僕は君といる時間が好きだった。少しだけ僕も非現実になれている気がしたからだ。
君はそれに気づいているだろうか。非現実な君は世間一般の普通の人の考えを理解して
くれるだろうか。凡人の僕の思考を理解してくれるだろうか。

 どうして僕は君に自分の思考を理解して欲しいのだろうか。
僕は君に何かを望んでいるわけではないのに無意識に君を意識してしまうのは
どうしてなのだろうか。それが愛でないことは確かで性欲でないことも確かで、
もっと不完全な非現実的なことのように僕は感じていた。

 ただ、時間は流れていく。君と僕との間の非現実な時間は流れていく。
ただ、それだけのことなのに、どうしてこんなにもきらめいているのだろうと
僕は不思議な気分になった。
 
 もう、君は出かけたみたいだ。
今度はどんな非現実な現実の話を聞かせてくれるのだろうか。
 
スポンサーサイト



2010-12-19 : 短編集 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ更新履歴



ブログ移行作業中 (07/18)

当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

総記事数:

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる