FC2ブログ

生きて それでも 生きて


  君の言葉が頭の中を、ぐるぐる回っている。
それが終わることなんてなかったんだ。

 世界の終わりを感じるように、理莉乃が病室から窓の外を見て
僕に言った言葉。
「もう、あたしの心臓も終わっちゃうんだって」理莉乃は僕の方を向いてそう言った。
「嘘だろ」僕は、いつもの嘘だと思いたかった。いつもはたいした事無いと屈託なく笑っていた
莉理乃の笑顔が、僕の頭の中でガラガラと崩れていく音がしているような気がした。


NO1

 理莉乃と僕は音楽を通して知り合った。僕たちは音大で知り合った。
理莉乃はピアノ、僕はバイオリン。
 僕は才能のあるバイオリニストではないし、ただ努力をして、バイオリンを楽しんで弾くしか
能が無かった。それに比べて理莉乃はピアノの才能に恵まれた、ピアニストだった。
それこそ数々のコンクールで入賞し、学校でもその成績はずば抜けていた。卒業後は
海外への留学も全く夢ではないレベルだった。

 音大はキリキリとして殺伐としているというのが現状だ。
本気でプロを目指している者だけが集まっている音大なら尚更だった。
僕の入ったのは、そんな音大だったから、皆成績やコンクールのことばかりで
好きなはずの音楽を楽しんでやっているようには見えなかった。

 僕はプロにも興味なかったし、只、学校の音楽の先生にでもなろうかと漠然と考えている
そんな程度の学生だった。ただ、音楽が好きだとう理由で、受験を頑張って、ぎりぎりで
入学できた、この大学の学生としては最低ランクとも言えるのが僕なのだ。
 毎日、僕は大好きな音楽に囲まれていた。
それだけで、僕は満足だった。何もかもが満たされている。ただ幸福
だったのだ。

 僕はあまり学生の来ない大学の敷地内の芝生のある場所でバイオリンを弾くのが
好きだった。いつも、そこでバイオリンを弾いていた。
 いつも、いつも、そこで。

 今日だって、楽しくバイオリンを心置きなく弾いてただ帰るだけの日になるはずだった。
「素敵」という声がした。それが理莉乃にはじめて声をかけられた日のことだ。
 僕ははじめて見る女の子を前にして、何を言ったら良いのかよく分からなかった。
「ありがとう」とりあえずお礼言った。
「お世辞で言ってるんじゃないよ。本当にあなたの演奏は素敵だと思う」理莉乃はそういって
微笑んだ。
「僕のバイオリンなんて、この学校では最低クラスのレベルだよ」
「随分自分の演奏をけなすのね」彼女は信じられないとでも言うような口ぶりで言った。
「本当のことだからさ。でも、そんなことはどうでもいいんだ。ただバイオリンが好きで
受験も頑張ってぎりぎりでもこの大学に入ったんだ。それだけで良いんだ」と言って僕は
微笑んで見せた。
「だから、他の人の音より柔らかいんだ」理莉乃は、何かに気づいたような口調で言った。
「何を言ってるかよく分からないな」
「ううん。あたしには分かるんだ。あなたは最高のバイオリニストになる」
「気持ちは嬉しいけど、僕は到底そんなレベルには達しないよ。プロになろうとも思っていないんだ」
「でも、あたしは感じるの。あなたのバイオリンは最高よ。だって音がやさしいから。この大学は
殆どの人がプロを目指して、きりきりして、本来は好きなはずの音楽を苦痛にさえ感じて演奏して
いるから。そんな音楽なんて、あたしは大嫌い。好きだからやってるし、人の心に響くの」理莉乃の
言葉は嬉しいと思ったが、到底僕のレベルは、やはり他の人と比べてみると、その差は歴然だと
思うのだ。
「でも、皆プロになるために必死なんだから、きりきりするかもしれないね」
「それが間違いだと思うのよ」
「でもプロの世界に入るためには仕方のないことかもしれないよ」
「それでも、あたしは音楽を楽しめなくなった人の演奏は好きじゃない。だって音がやさしくないし
深みも感じられないから。でも、あなたのバイオリンだけは違う。あたしが保障する」
 変な女の子だなと思った。でも、少し嬉しかった。
「ところで、君の名前はなんていうの。バイオリン専攻ではないよね」
「まだ言ってなかったわね。あたし理莉乃。ピアノ専攻の3年生」
「理莉乃・・・・・あっピアノ専攻のスターじゃない」
「そんなじゃないよ。周りが勝手に騒いでいるだけ。ところであなたは。」
「僕はバイオリンの2年 竹下雪人」

 理莉乃と僕が一緒に演奏するようになったのは、この次の日からだ。
意気投合したと言えば良いのか、彼女の押しにやられたといえば良いのかそれは
分からないけれども、とにかく理莉乃と音楽をすることになったのだ。
 理莉乃はクラシックもポップな音楽も何でもピアノで弾いた。音が出せるものなら
かまわない、とにかく楽しんで弾くというスタイルだった。
 そんな、人間的な音楽は、僕のバイオリンの音を支えてくれて、いつもの何倍も楽しくて
僕はすぐに理莉乃との音楽から離れられなくなってしまった。
 それが、理莉乃と僕の時間の始まりを予告する出来事だった。


 「君に会えてよかった」「毎日が楽しい」「ずっと一緒に演奏していたい」
そして、あなたの笑顔が大好きです。という気持ちになるのに時間はかからなかった。



                                              つづく

スポンサーサイト



2008-07-09 : 短編集 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ更新履歴



ブログ移行作業中 (07/18)

当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

総記事数:

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる