スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

仕事・稼ぐという事に対して思う事 ~ 格差社会は良くないという主張自体が良くない

28歳である僕は本格的な過渡期を迎えたのだと思います。良くも悪くもまた変わるときなのでしょう。自分の中にある知識の体系も変わりましたし、本質を捉えた「稼ぐ」「生きる」という事を見つめる事が出来るようになりました。そして自分の足で立っていくという事を起業してからより深く学びとる事になりました。




色々とありましたが、今年もなんとか終わろうとしています。風邪は治りませんが、けれどもそこそこ回復の兆しもあるので、こういう時に今年一年を振り返って総括をしたいと思います。やはり強く思ったのは、経済的な認識の事に関してを書きたいと思います。



仕事・稼ぐという事に対しての意識

案外と「冷たい」と言われるようにもなったと思います。でも、僕が生きている場所はそういう場所ですし保証なんてありませんし、要らない労働力は要らない、文句があるのなら自分で稼げばいいという事実がいつもそこにあるだけで、それは万人に平等な事であると自覚しているので給与を貰っていて文句を言っている人を見るとやはり厳しくなります。




大抵がその人は利益を生み出す事は何もしていないからです。サービス残業が多いのに給与が上がらない・・・当たり前です。労働力にそれだけの価値がないからそうなるわけです。残業に給与がつかないのは、労働力を提供してお金を貰うという事をしている人が他にもいるからに他なりません。




文句があるのなら自分で仕事を獲得して報酬を得ればそれで良いわけです。それが出来ないから雇ってもらうという事を選択したわけですから、そこに文句を言っている人を見ると「甘えてるな」と思うわけです。




稼げなければ終わりというのが社会の中での事実です。その中で生きていくには成果を出すしかありません。こういう言い方をすると「儲け主義」と批難する人がいますが、儲けるためには人に支持されなければなりません。その支持を得るために改善を繰り替えしたりニーズを満たすという事は結果としてお金を追うだけに留まりません。




人気のない事業者、経営者ほど「お金のためじゃない、人の役に立ちたいんだ」と言いますが、僕はそのような事を言っている人のところでサービスを受けたい際に本当に良いと思った事など一度もありません。人気がないという事は人からここが悪いと指摘される事もないわけですから、日を追うごとにその事業は衰退していきます。




もっと言えば、儲からない事業、稼げない事業というのは結局のところ人の役に立っていないという結果がそこにあります。なぜなら誰も利用をしていないからです。誰も利用していないという事は役に立っていないという事です。本当に役に立っているか、立っていないかという事は事業自体の収益で図る事が出来ます。





格差社会について

格差社会と言われていますが、格差のない社会が良いと言ったらそれは社会主義のことです。なんで格差がいけないのかが僕にはさっぱり分かりません。格差ではなく努力と継続の差が格差です。いま経済的な事に関しての格差をあげるとそれとは別のように思っている人が多いですが、もっと例を出せば、今の格差社会をなくそうという運動を他の事で例えてみましょうか。




大学受験がありますね。大学受験で頑張って国立トップT大学に行きたいという人は間違いなく勉強をしてかなり多くの時間を入試を突破するために勉強をしますね。でも格差はいけないからという理由で偏差値30の人も同じようにT大学に入学できるようにします、その人と同じ扱いに強制的にしますという事と、今の格差議論は変わりません。




格差なんて当たり前です。



仕事や経済的な事に戻してみましょう。



これは具体的に自分の立場として考えてみて下さい。よく仕事場で「私より出来ないのに同じ給与なんておかしい」という文句が日常的にありますよね。




おかしいと思いませんか?




格差がダメだったんですよね?違いますか?




でも、格差を承認しているではないですか。自分がどれだけ稼いでも他の人を同じ給与でなければならないはずですよね。なのに、自分が頑張ったときには特別扱いして欲しくて、都合が悪くなれば格差社会が悪いなんて言うのはとてもおかしな事です。




それが社会という大きな枠組みでされているから、「格差社会をなくそう」という運動はなんとなく肯定的に捉えられていますが、よくよく考えて下さい。この不条理さ。格差社会が悪いという議論のいきつく先にあるのは、努力しても報われない世界です。それなのに関わらず最近の議論では全て良いとこ取りをして都合の良い事をさも当然の権利のように主張しているという浅はかさ。




努力が報われない社会はおかしい と言っておきながら、「格差社会を無くそう!!」と声を張り上げて、あたかも被害者のような顔をする。そして、「収入の高い人から税金を取って私達の生活のためにお金を回せ」と騒ぐわけです。







【今年1年の感想】
本気で生きていこうと思うとかなり辛いのだという事が分かりました。それは自分が生きていくお金を稼ぎ、衣服住に不自由しないものを自分で賄うために事業をして自足で生きていくというのは本当にしんどい事なのだという事が身に染みて分かりました。




自分が厳しくなったとう言い方をしていますが、実は厳しくなったのではなくて起業をしてから経営者・事業者として生きていくにあたっての垣間見た事実をただ喋ると相手から厳しい聞こえる言葉になるというだけで、でもこれが独立起業をして僕が見た社会の事実です。




自分で稼げるのなら、自分でやればいい。それが出来ない、若しくは出来ても独立起業の方が辛いから就職をする。実際僕の周囲に何人かはいました。独立起業をしてある程度うまくいっていたけれども、あまりに苦しくて、事業をたたんで就職したという人。彼らは収入に文句を言いません。なぜなら「自分でやっているときは給与に保証なんてないから、今なんて楽だよ」と笑っているわけです。




今就職している場所が辛いけれども、辞めたらお金がないし、起業をしても上手くいくか分からないから会社は辞められないけれども会社が辛いというのは、ただの甘えです。それ以外の何者でもありません。会社が辛いと思うのなら、自分で独立をすれば、独立した方が、かなり辛いという事が分かると思います。確かに会社では怒鳴られたり、クライアントからは怒られたりするかもしれません。




でも、独立起業したって、それは変わらずそこにあります。上司というものはいなくなりますが、最近話題のブラック企業で働くという以上の辛さになる事なんて珍しくありません。




どれだけ辛いところで働いているとは言っても、結局のところ独立起業をしてしまった人から見れば給与が保証されているのだから仕方ないでしょ? 「嫌なら辞めればいい」というだけの事ですから。




ただ僕は本当に自分が恵まれていた部分で独立起業向きだったところがあります。就職をして学校などのように嫌いな人ともやっていかなければならないという人間関係は僕には耐えられないのです。僕は元来から指図もされたくなければ、上から文句を言われる事も好みません。




そんなところにいるくらいであれば、金銭面で辛い部分が少しばかり続いても、独立起業の方が良いわけです。この先、僕は特定企業に就職をするという事は絶対にありません。何か新しい事業を立ち上げる事はあっても絶対に就職をするという事はしません。




なんだかんだと言っても、結局のところ自分の人生は自分で決めたいですし、自足していきたいし経済的な独立をしていたいからです。そう思うから責任もあるし、その代償もリスクも支払うわけです。





でも、これが自分の人生なのだと思うのです。





スポンサーサイト

tag : ビジネス

2013-12-23 : 作品作成日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ更新履歴



当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

良い商品・サービスであっても一生懸命伝えないと売れない (06/08)

総記事数:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。