FC2ブログ

何のために?

君は確かに成功を手に入れた。周囲から見ればうらやましいくらいの成功を手に入れていた。夢にまで見た服飾デザイナーという職業に、自分のデザインした服のブランドまで立ち上げて、多くのタレントやスポーツ選手がそれを愛用していた。




君という人は女性で、小柄でとっても可愛い声の女性だった。年齢は32歳だけれども、どこから見ても32歳になんて見えなかった。とても幼い顔立ちをしていて、どこから見ても20代前半のこの世界の汚れなんて全く知らないような、そんな女の子に見えるのだった。




けれども彼女が服飾デザイナーとして独立して世間から認められるまでになるには大変な苦労があったのだ。寒い冬の夜のこと、電気もガスも水道も止まったしまった中で、真っ暗な部屋で寒がりな彼女はありったけの毛布にくるまって「世界はあたしを中心に回ってる。絶対にデザイナーになるんだ」と何度も何度も小さな声で膝を抱えて唱えたそうだ。




瞳からは次々に涙が溢れ出して頬と伝っていく。それでも、嗚咽を漏らしながら「絶対になるんだ。デザイナーになるんだ・・・」と唱え続けたんだ。




だから、彼女はお金が無い辛さも良く知っている、社会という抽象的なものに自分の存在を認識させるという辛さもよく知っている。




けれども、彼女は言う。「あたしお金に興味がないから」と。そして彼女はとても慈悲深いけれども、相手を堕落させるような助け方は絶対にしないのだ。お金が必要であるという人に対して彼女はお金をあげるという事はしない人だった。




それは彼女の考え方にあるのだと思う。あるとき、人が生きることについて二人で話をしていたとき、彼女はこんな事を言った。




「あのね人って必ず自分で生きる力を持っているの。必ず生きていけるように出来ているんだよ。その力が各個人にあって生きていけるんだ。だから、問題に直面したときに手を出してはいけないんだよ。その人が考えてそれを解決するか、逃げるか、いづれにせよ自分で決定して、その行動の結果を得なければいけないのよ。でもね、いづれにせよ、人には自分で自分を生かす力があるの。だから安易に手を出してはいけないの。結局は自分で解決をしなければならない事で心まで救ってあげられるわけではないのだから」と。




僕は彼女の話を聞く事が好きだった。澄んだ声。女の子らしい可愛い声。でも、深い深い絶望と儚さを連想させる、その独特な抑揚をつけた喋り方。




彼女と話していると僕は勇気付けられた。特に自分と向き合うという事について、自分の人生というものについて、どのように向き合うのかという事をよくよく考えさせられた。




彼女は成功して、お金もあって、と端から見ればとっても満たされているように思えるけれども、余命宣告されていた。だからこそ、彼女は出来るところまではやらなくてはならないと必死になっているように思えた。彼女というデザイナーを失ってしまった後の、彼女のブランドはデザイナーが不在という事になってしまう。彼女が作るデザインで仕事を得ていた人々は全ての職を失ってしまうのだ。




彼女は、「これはあたしが望んだ仕事だし、いまは、もうこれを辞めるという事は出来ない。色々な人が動いているから。これはあたしの責任だから」とそう言って、身体の痛みに耐え、薬を飲んで、それでも笑顔を絶やさずに、優しい声で話をしてくれるのだった。




僕は彼女の病気を可哀想だとは全く思わなかった。同情をすることなんて何一つなかったからだ。だって、彼女はずっと、ずっと、大丈夫な気がしていたから。僕は彼女の生命力は他の誰よりも強いと感じたから。




彼女本人は辛い事が多いのかもしれないけれども、僕は「君なら大丈夫な気がする。すぐに良くなるもの」と笑っていられた。それくらい、生命力の強さを感じさせる女性だったのだ。彼女の世界には、そんな事は関係ないと思わせるほど、彼女は強い精神力を持っているようにも同時に感じていたのだ。





でも、結局、彼女は何の為に、いまデザイナーという仕事をしているのだろうか。少なくとも僕が彼女の仕事をする姿を見て、もうそれはただの義務となっている気がした。責任と言っても良いだろうか。少なくとも、そこに生きがいというか、そのような生きる力になるようなものがあるとは感じられなかった。




どちらかというと、そこに居る人達との時間を重く受け止めて、自分がこの世界からいなくなった際に、そのデザイン事務所はデザイナー不在になるわけであるから、それを少しでも遅らせようと必死になっているように思えたし、また、自分がいなくなったなあとしばらくは新作に困らないようにとデザインを次々に考え出しているようにも思えた。




結局は何の為に、彼女がデザインをし続けているのかは僕にはあまりよく分からなかった。今となってはもう彼女と話も出来ないから、ひとつひとつ思いだしながら、自分の記憶に残っていることや、感覚的なものを頼りに、それを今更ながら考えるしかないのだけれども、結局のところどれだけ考えたところで彼女は最後の最後になるまで自分不在で生活に困る人が出ることを心配していたような、そんな気がするのである。




彼女は何を考えて、何を感じて、結局手に入れたその地位に、何を感じていたのだろうか。その瞳に、この世界はどのように見えていたのだろうか。




僕はそんな事をときどき考えるのである。自分の人生とはいったい何を目的として、自分は歩んでいるのか、何を求めているのか?という事に向き合い吐き気に眩暈を感じるとき、いつもデザイナーの彼女の事を思いだすのである。僕も彼女と同じように確かに思っていたものを手に入れる事が出来た。そして、それを突然やめる、放棄するという事が出来ない立場になり、市場の中で勝ち続ける事だけを考えて動き続けている。働いているのではなく、市場は僕にとてっては戦いの場所であって、市場シェアの拡大をして利益を最大化するという事が目的であるから同業者は潰していかなければならないのだ。それがビジネスという世界なのだから。




少なくとも彼女と僕が使う事が違っていても実は同じような世界の中で戦っていた事は間違いのないことなのではないかと思う。きっと、彼女は否定するだろうけれども・・・。実際、本当にそうなのかは今となっては分からないけれども。もう、彼女と穏やかな時間の中でお話が出来る事は二度とないだろうけれど。。。







スポンサーサイト



tag : 人生の目的 服飾デザイナー 短編小説 ビジネス 市場

2013-11-16 : 短編集 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ更新履歴



ブログ移行作業中 (07/18)

当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

総記事数:

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる