FC2ブログ

起業してから分かった実感したこと

 300万円というお金は大金でしょうか?
それとも少ないものでしょうか?

 僕はとても大きい額だけれども、やはり大金という
大金ではないと思います。この瞬間に300万円がすぐに
使えるという自由なお金としてそこにあったら、とても嬉しい
ですし、とても大きな額だとは思います。

 起業するときに借り入れる事が出来たのはたった300万円です。

 これは、普通に就職した人の一年の給与より少ないと思います。
社会保険やらなにやらを含めた福利厚生の部分を考えれば多分
300万円は給与として頂いている方は多いのではないでしょうか。

 起業した当初の会社は、福利厚生などがつけられない小さな
規模の会社です。法制度上は一応は福利厚生をつけなければ
ならないという事は理解していますが、そんな事はしていられない
というのが起業当初の会社の実情ではないでしょうか。

 それで僕は思うのですが、最近はより給与の高い雇用をと
声たからかに叫んでいる団体などがありますが、それならもっと
実績を上げればいいと思うのです。

 働くって 働いているだけでは駄目なんですよね。
そこに収益があるかこそ、その労働が対価性のあるものに
変わるわけですから、実績が上がらずに、そこの事業に
従事している方々が給与を上げろとか労働者団結をする
のはとてもおかしな事なんです。少なくとも給与が高く欲しいと
思うのなら、それだけの実績を上げてから堂々と直談判するなり
方法はあるはずです。

 実際にそれだけの売上げを確保出来るからこその収入で
あるわけですから。

 本当は会社と個人は別々ではなくてチームプレイですから
チームで行っているからこそ、自分が売上げを上げれなくても
お金が分配されるわけです。

 チーム全体として収入が下がっていたら給与なんて減るに
決まっているんです。それなら、そのチームに属している自分
を含めて皆が収入を上げるために頑張らなくてはならないはず
ですが、何故か法人が悪いというような風潮は如何なものか?
と思います。

 だって一年間に福利厚生をあわせて300万円も貰っている
のでしょう?

 いやいや それ以下ですよ。150万円ですよ~。って
反論も批判もあるかもしれませんが、それにしても
150万円そこからもらっているんでしょ?月間にすると
12万5000円です。

 それで、どうやって生活するんだ?とお怒りの声も
出てきそうですが、そこにいる以上は例えば、極端に言えば
自分の売上げが月間で15万でその利益が10万円だったと
しても、給与がもらえるんですよね?

 もし、そうだとしたら、2万5000円は誰が負担しているんですか?
会社でしょう?もっと言えば、自分ではない誰かが稼いだ利益から
マイナスの2万5000円を補填してもらっているわけですよね。

 自分で起業してみたから分かるのですが、基本的には売上げが
なければ給与がないんです。給与が当たり前のようにもらえるって
それってスゴイことじゃないでしょうか。

 「給与が少ない」って言えるのは、それ以上の利益を生み出す
事が出来ているから、「もっと給与をくれ」と言う事が出来るのです。

 「生活が成り立たないから給与をもっとくれ」っておかしいですよ。
それって、理屈としてはすごく間違っています。すごく厳しいですし
冷淡に聞こえるかもしれませんが、これが事実で現実です。

 僕の周囲には、自分で起業をしていて、挫折して会社に就職
した人もいます。その人達は、皆が口を揃えて同じ事をいいます。

「自分の業績がふるわなくても安定して給与がもらえるのだから
楽なもんだよ。自分で事業してたときにはこんなことないもの」と。

 もし、自分の給与が理不尽に少ないと思うのなら自分で実際に
仕事を起こしてみると良いと思います。ネットもありますし、今は
自分一人で出来る、起こす事が出来る事がたくさんあります。
殆ど資本がなくとも出来ることがたくさんあります。それで年間
300万円稼ぐ事がどれだけ厳しいことか実感したら、少ないと
思いつつも、固定給15万であろうとも安定してそれが給与として
支払われるという事がどれだけ重いことかが実感できると思います。


 最後に。

 ここでは子どもがいるのに国は・・・とか、そんな人を
見殺しにするような事があっていいのか?というものは扱いません。
それは、社会政策上の事ですから、民間企業とビジネスとは全く
別の問題だからです。

 この手の話をすると、心が貧しいといわれる事もあるのですが
もし、そう思われる方がいるのであれば根本的な解決を具体的に
明示して頂きたいといつも、そう思います。

 皆がのんびり 朗らかに暮らせるならそんな世界になって欲しい
と思いますよ。本当に。心から。
スポンサーサイト



2012-03-22 : 作品作成日記 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

とりあえず何か文句を言いたい、という被雇用者は一定割合で必ずいます。彼ら、彼女らの不平不満に論理的に反論しても、表面上納得するだけでおそらくその不満は解消しないのだと思います。
不平不満を言わせるのはガス抜き。最近そういう風に達観したので、具体的にはいちいち返答しないことにしています。
でも、ギリシャ国民なんか見ていると、やっぱり本気で「口をあいているとパンが降ってくるべき」と思っている人も結構いるのかもしれない、と…。

それと、結果では無く、努力を見てくれ、という人も困ったチャン。(まあ、そう言う人は結果が出ないからそう言うのですが。)

2012-03-26 18:14 : Oscar URL : 編集
久々の投稿です
お金を稼ぐっていうのを普通に考えると経営者の方でなくてもこの記事に書かれている内容に行き着くものだとは思いますけれどね。
それでも考えない人、普通じゃない思考の人がいてそれを容認させている世の中なのですが・・・


常に世の中は変化して行っていますけれど私は単純に考えた上では利益を出す根本的な仕組み自体はずっと変わってきていないと思いますので
その中で楽に自分の都合の良い理屈を通そうと思えば歪みが出ますよね


世の中を動かしているのは一部の天才だとそんな話も聞く事もありますけれど・・・
世の中を動かすのはいい意味でも悪い意味でも理解の浅い(青い)人だとそんな一面もあるのかもしれないと最近思います。
もっともこのことに関して話をするには話の幅が広すぎて具体性にかけてしまう気もしますが(汗)


NORI様も大変な生活をなされているようですがお体にはお気をつけくださいませ
2012-03-27 09:24 : おがつー URL : 編集
Oscarさんへ
 Oscarさん、ご訪問にコメントを誠にありがとうございます☆☆☆
そうですね。本当に仰る通りだと思います。

 理論的に反論をした際に最も怖いことは、「弱者である」という
同情、哀れみの感情を無意識に武器として振りかざすことです。
弱者でもありますが、強者でもあるのですよね。

 結果ではなく努力を・・・。努力は見て、それが良いことか悪いことか
という評価はしますが利益がなければお金でそれを評価するわけでは
ないけれど評価はされているというこはなかなか理解してくれませんね。

 僕はOscarさんと同じく、ふむふむとは思いながら、「うん?」と
思ってしまうんですよね。努力を見てくれ・・・

 当たり前ですが、努力をしても 事業が軌道にのらず
クライアントも全くいなかった時期がありまして、無給なんて
稼げていないのですから当たり前の事があったので、利益も
出せていないのに給与がもらえるって凄いなって思います。

 あまりに壮絶過ぎる、過酷過ぎる場所もありますが、結局
自分でやってみたら、いわゆるブラックと言われる企業と
殆ど変わらない生活になりましたので、最近ではなんとも
言えないなとは思うのですが、努力しているからもっと給与を
よこせとはよく言えるなって少し驚きます。

 安定してもらえるだけで、とても凄いことで感謝しなければ
いけないような気がします。

 でも、自分の今の立場からすれば、Oscarさんから頂いた
コメントと全く同じ事を思います。努力を見てくれは困ったチャン
だなって思います。

 Oscarさん、ご訪問にコメントを誠にありがとうございます。
Oscarさんも、どなたかを雇用されていて、色々思う中での
達観ということだと思いますので、大変に励みになりました。
誠にありがとうございます☆☆☆

 またよろしければ遊びに来てください☆☆☆
楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2012-03-28 17:25 : NORI URL : 編集
おがつーさんへ
 おがつーさん、ご訪問にコメントに貴重なご意見を誠に
ありがとうございます☆☆☆

 僕も、おがつーさんに頂いたご意見と全く同じです。
本当に単純に考えれば、利益を出すという仕組みは全く
変わらないのですよね。

 良くも悪くも、理解が浅く一応皆が行っているから
それをしようという感覚があるから政策がうまくいくという
側面があると指摘される事があります。

 かなりのパターンが考えられる問題だけになかなか
一義的に言う事は出来ない問題ですね(; ・`д・´)

 おがつーさんご心配までして頂いて誠にありがとう
ございます。最近は寒くなったり、温かくなったり
と気温の変化が激しいのでおがつーさんも風邪など
引かぬようにお気をつけ下さい。

 また、遊びに来てください☆☆☆
楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2012-03-29 23:21 : NORI URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ更新履歴



ブログ移行作業中 (07/18)

当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

総記事数:

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる