スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

時間の流れを受け入れること~ 

 僕は大学で法学部法律学科に在籍していた。その大学は私立大学で
法曹の世界ではとても有名な大学であった。僕はその大学にいるという
事が誇らしかった。

 その大学生活を締めくくる大きな難関である卒業論文。
卒業論文を書くために僕は毎日のように大学の書庫に入り文献を
漁っていた。

 開館から閉館まで膨大な量の文献を漁り、棚から取り出そうとす
るだけで、パラパラとページが抜け落ちてしまいそうな程に古い文献も、
最近でたばかりの文献も読み漁った。

 そして、書庫にあるコピー機に気になる文献を持っていき重要な
ページをコピーするという作業を気持ちが悪くなるほどに繰り返していた。
実際に気持ち悪くなることはなかったけれど、肩が凝り偏頭痛が酷くなる
ばかりだった。
 しかしながら、それにも慣れていく自分が同時に存在していた。又、その
肩凝りの原因が学術のためだという事実があり、肩凝りさえも誇らしく思え
てくる程であった。

 僕は入学した当初から、つまりは一年生の頃からこの書庫が好きだった。
この大学の書庫は貴重な文献を保管する場所として厳重に管理されていて
実際に入ることが許されるのは卒業論文を書くための限られた期間だけで
あったが教授に便宜を図ってもらい僕は自由に出入りできたのだ。

 父がいなかった僕はその教授をまるで父親のように感じていた。もう随分と
お年を召された刑法総論の教授だった。残念ながら僕は刑法学に興味は殆
どなかったけれども、教授の講義は好きだった。

 長い間に研鑽され、そして丸みを帯びたその穏やかさに教授の品性の良さ
が滲み出ているような気がしてならなかったからだ。

 法学部の教授の中では最年長であり刑法学会でも随分と権限を持っている
と言われていたが、教授の学派にいる人間は教授で最後だった。法律は時代
と共に変わっていく。その中で解釈も当然に変わっていく。その中で根本的な
論理構成が矛盾を含んでいくことになると、その学説は支持されなくなっていく。

 先生は自分の学説に固執せず、網羅的に今日的に支持され最も妥当だとさ
れる学説を基に講義をしていた。自分自身が懸命に研究をし体系を立てた理論
構成の講義は一切することはなかった。それは、研究者としての先生にとっては
とても辛いことではないのだろうかと僕はいつも思っていた。

 教授は必ず自身の講義の第一回目に学生に言う事がある。

 「わたしの学説は、読んでもらっても、読んでもらわなくても結構です。
今日に於いての刑法学の中で私の説、すなわち私の依拠している学派
は私で最後です。私はもうこの年齢ですから、最後まで私はこの学派で
あるという事、そして最後まで私自身の中で学派は生きていますが、未来
のある諸君が私の学説、若しくはこの学派の説を支持することは妥当で
はありません。司法試験にも合格は出来ません。ですから、私の学説は
講義しません。諸君に法律学と法曹の未来を期待しています」と。

 自分を否定される事は辛いものだ。そして自分自身が研鑽をして培って
きた知識などが、「役に立たない」等とは考えたくもないはずであるのに教授は
堂々と自分の学説は今日的には役目を負え、役に立たないと公言するのである。

 僕はそこに教授の、法律学へ、そしてそれを学んでいる学徒に対しての
愛情らしきものを感じずにはいられないのである。僕は、教授の講義を聴けた
ことを心から誇りに思い、しっかりとこの胸に刻んでおこうと思うのであった。
 
スポンサーサイト

tag : 受け入れる 時間の流れ 図書館 法学部 刑法学 司法試験 刑法総論

2012-02-17 : 短編集 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

大学の授業っていいものも悪いものもその人の人間の持つ味で決まると思うな。結構印象に残る教授がいますけど、いい先生っての愛情は一生の宝ですね。今も大学に行くと弟子でいられますね。
2012-02-17 19:59 : 藤田友人 URL : 編集
もしかしたらわたしと同じC大ですかね。
2012-02-18 14:47 : ポール・ブリッツ URL : 編集
藤田友人さんへ
 藤田友人さん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
仰るとおりだと思います。

 大学でも、どこでもですが、学ぶ場所の恩師というのは
いつ会ってもやはり尊敬の念がいつまでもあります。
いつまでたっても、その人を超えることが出来ないから
なのでしょうね。

 藤田友人さん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
また、遊びに来てください☆☆☆
 楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2012-02-18 16:53 : NORI URL : 編集
ポールさんへ
 ポールさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
う~ん(;^ω^)多分C大学と言えば!!

 このモデルは、野猿峠のすぐ近くにある大学です。
地獄坂なんてのもあったりします(;^ω^)

 既に僕が在籍している時点ではモノレールがありましたので
地獄坂にはお世話になりませんでしたが(;^ω^)
これで分かったら・・・多分ポールさんと同じC大です。

 ポールさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
また、遊びに来てください☆☆☆
 楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2012-02-18 17:00 : NORI URL : 編集
象牙の塔もまた良きかな
こんばんは。
なにかこれ読ませていただき、じ~んとしてしまいました。
お名前もお姿も存じ上げぬながら、その先生の学者としての矜持と
佇まいの美しさが想われ、また、そういう師を慕うNORI SAさんの
心映えを思い、ああ、いいなあ!と感動してしまったのです。

父のように慕い、また師として仰ぐ教授に許可をもらって籠る大学の書庫。
そこには、そこで学んできた学徒たちの息遣いや、学問というものの
持つ香りが、長い長い時間をかけて沈殿し集積しているのですね。

愚かなこの国の政治家は、すべてに合理性や経済性ばかりを求め、
学問の府である大学の自治や尊厳までに手出しをしてきました。
学問の府は『象牙の塔』的なところをもち続けて欲しいと私は思っています。
その先生のように、現代の潮流に乗らず自分の研究に誠実を貫く
人からは、その謦咳に接するだけで、有形無形のどれほど大きな
薫陶を知らず知らず受けるか知れないからです。

NORI SAさんの、原点というようなものを、今回見せていただいたような
気がいたします。
大変に美しいものを見せていただいた気がします。ありがとうございます。

蛇足ですが、以前その大学近くの町で塾教師をしておりました。^^
モノレールには今も時々乗ります。^^

 


2012-02-24 00:56 : 彼岸花さん URL : 編集
彼岸花さんへ
 彼岸花さん、ご訪問にコメントに温かいメッセージを誠にありがとう
ございます。僕自身も彼岸花さんのコメントを拝読させて頂きまして
大変にじ~んとしました。

 この教授は本当にモデルが存在していまして、この短編と寸分
変わらない事を仰いました。学者として御自身が体系を組み立て
学術的、反論も繰り返される中で、その体系を自分の中に確立
していったという事は、学徒であり若輩者の僕にも想像に難くあり
ませんでした。

 でも、僕が法律学に触れる中で、教授の学説が引用されている
ことは皆無と言って良いくらいでした。一般的と言われる基本書に
教授の学説から引用されている文献を僕は見たことがありません。
その当時僕は司法試験の勉強をしていました。

 でも、教授は凛々しく、講義のときに語るその声色の中に卑屈な
感じもなにもなく、ただ優しく、刑法学と学徒を想うその気持ちを
感じました。

 僕は、尊敬と憧れの念で教授の講義を聴きました。
はっきりと自分の学説はもう役目は終えており、新しい時代だと
仰るような、自身の学説や体系の話など殆どしない教授の姿が
当時の僕にとってどれだけ凛々しく見えたことでしょうか。
 素晴らしい講義でした。

 僕はこの素晴らしい大学が大好きです。
昔ほどの勢いはないのかもしれませんが、僕はこの大学で
素晴らしい講義を受ける事が出来たのです。

 そして、まだ法律の勉強をするために留学を考えている
という、法律学への余韻を残してくれている素晴らしい大学です。

 学術は物事を深く探求する場所です。
彼岸花さんが仰られるとおり、純粋に政府はそこに入る余地など
ありません。そこには合理性ではなく、ただそれを知りたいという
渇望と純粋な疑問と、人々の願いがあるのです。

 大学がいつの間にか教育機関として見られるようになって
しまった現代を僕はおかしく思います。学歴と言われますが
大学は本来ならばもっと学術を修めたいと想うから入学する
場所のはずなのですが、今ではすっかり大学(学士)の課程
では、その意味はなくなってしまいました。

 本来的な大学の意味、役割を果たすのが修士課程へと
持ち上がってしまった感じがします。本来の大学の役割が
特に日本には薄いような気がします。また、最新の学術的
功績を社会に役立てようという意識がとても低くも感じます。

 意味のない学部を増やしたりするのには熱心なのですが
純粋な大学の機能はどんどんと失われている気がします。
僕はそれがとても悲しいです。

 彼岸花さんは、この大学の近くで塾の講師をなされて
いたのですね。この辺りは学術をするには最高の環境
だと思います。もともと田舎に住んでいた僕にとっては
息抜きに散歩ができたり、のどかにゆっくり時間が流れて
いくような、そんな場所です。

 モノレールが出来て便利にもなりましたしね。
モノレールが無かったら・・・と考えると少し不便な感じ
がしますが、僕が在学していたときには既にモノレールが
ありましたので、動物園から歩くというような事はありません
でした。

 すみません(;・∀・)
コメントのご返信がとても長くなってしまいました。
彼岸花さんの、コメントにじ~んとしました。そして
とっても嬉しかったです。誠にありがとうございます☆☆☆

 彼岸花さん、また遊びに来てください☆☆☆
楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2012-02-25 01:19 : NORI URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ更新履歴



当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

良い商品・サービスであっても一生懸命伝えないと売れない (06/08)

総記事数:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。