FC2ブログ

そういうことじゃないよ

君は囁くように小さな声で僕に言った。
「また一人になるのが怖かった」と。
きっと、またいつか一人になってしまうのではないかという不安を消し去ることは難しいことで、
それを忘れさせるということもまた困難なことだったのだ。僕にそれが出来るだろうか。いつか、
僕はこんな新鮮な君への気持ちを忘れてしまうのではないかと不安だった。

 僕には自信がなかったのだ。君を好きでだと言い続ける確信を持てずにいたのだ。
そんな僕の気持ちに気づいたのか、不安そうに僕を見つめ精一杯のくちづけで僕の
気持ちを確かめようとした。

 そのくちづけを僕は素直に受け入れることが出来ただろうか。
そのくちづけに僕は永遠を感じることが出来たであろうか。
そして君の不安はそれで和らいだのだろうか。
 
 何もかもが君と僕とのことで、その間には何かが入り込む余地はなかった。
けれども、僕はどこまで君を想っていて、君の気持ちに応えられるのであろうか。
僕はいつも不安で不安でしかったなかった。君を失うことも含めて考えられる
全ての否定的な考えが怖くて仕方なかった。

 君は言った。
「ねえ、あたしは怖いんだ。また一人になってしまうことが怖いんだ。
家に帰って来ても、誰もいなくて、夜眠るときも一人で、夜の闇に押し
つぶされてこのままいなくなってしまうのではないかという気持ちになる
のが怖いんだ。あなたがそこに居てくれるだけあたしは救われるんだ。
でも、そんな不安とかより、あなたを失ってしまうのではないかという
不安のほうが今ではもっと怖いの。あなたを失ってしまった日の夜から、
あたしはどうしたらいいの。二つの絶望と恐怖と戦わなくてはいけないの。
そんなの嫌だよ。あたしは、もう一人は嫌だよ。」

 僕はそんな君の願いにどこまで応えることが出来るだろうか。
僕は本当にそのように生きていけるだろうか。君と二人で永遠を見つめて
人生を歩んでいけるだろうか。それが不安だった。
君を泣かせることも、君を怖がらせることも全てが不安だった。

 僕はどうしてこんなに弱いのだろうか。
君を悲しませてしまうほど弱いのだろうか。僕は自分が情けなくて、非力でそして
何も出来ない男なのだと感じてしまう。でも、そんなことでは君と一緒に居ることは
出来ないから僕はかなり無理をして、そして強がっていた。いつも君の前では笑う
ようにしていたし、いつも君が泣き出さないようにと気を使っていた。

 でも、そんな苦痛を伴う努力なんてすぐに壊れてしまうもので、無理をしていることを
君はとっくにお見通しだった。
「ねえ、あたしの為にそこまでするの。ねえ、あたし一人は怖いけど、あなたが苦しそうに
している姿も嫌だよ。ねえ、そういうことじゃないんだよ。二人でいたいって、ずっと一緒に
いたいってそういうことじゃないんだよ。きっとね辛いこともあるし、これから二人で喧嘩し
たりすると思うけど、でもね嬉しいことも辛いことも二人で分け合って生きて生きたいって
意味なんだよ。ねえ、そんなに無理して一人で抱え込まないで。お願いだから、あたしの
ことも信頼して欲しいんだ。あたしは、弱いしすぐに泣いてしまうし、俯いてばかりだけれど、
でもねあなたと二人なら辛くても大丈夫だよ。だから辛いことを一人で抱え込まないで。
お願いだから、ねえ。あたしを信用して。」

 君の方が僕より何倍も強い人なのだと言う事をこの時に理解した。
君には何もかもお見通しで、僕が君のことを守るつもりが、心配をかけないつもりが、全て
見透かされていて余計に心配させていたことに僕はひどく後悔した。
 そして、今まで心に溜め込んできたものが一気にせきを切ったように心の底から溢れ出して
僕は嗚咽を漏らして泣いた。そんな僕の頭を君は胸に抱き寄せ、ただただ僕の頭をなでてくれた。
まるで子どもをあやすように、ずっと、ずっとそうしてくれていた。

 君の優しさはこの世界でどこの誰よりも深くて、そして暖かいものだと思った。
君は僕の大切な人で、僕も君の大切な人になりたいと思った。
今より、もっと君に大切に思ってもらえるようになりたいと思った。
 でも、一人で何かを抱え込むのではなく、嬉しいことも、辛いことも二人で分け合って
いけるような関係になっていこうと思った。それは、君への信頼の証で、また愛情の証
でもある。

 君が僕に注いでくれる深海よりも深い深い愛情のように、僕もまた君へ
深い深い愛情と信頼を見せようと思った。これから、僕たち二人にどんな
ことが起こるのかは全くわからないけれど、とにかく僕は君という人と一緒に
いようと思った。どんな辛いことがあっても君と二人でいれば大丈夫だということが
僕は理解できたから。

 そして君を心の底から信頼しているか。だからこそ、大丈夫なんだ。
きっと、僕は君をずっと好きだし、これからも君を信頼し続けるだろう。
僕の弱い部分を見捨てずに受け入れてくれた君、僕の足りない部分を埋めようとして
くれた君。君という全てが僕にとってかけがえのないものなのだ。

 僕はどうしてあんなに自信がなかったのだろうか。
こんなに僕を理解してくれる人がいて、その人をずっと好きで居られるかなんて
下らない心配をどうしてしてしまったのだろうか。
 僕は君が好きに決まっている。このまま永遠に、君を好きに決まっている。
そんな当たり前のことも確信できないほどに僕は何を恐れていたのだろうか。

 勇気と確信を愛情を持って君に言おう。
「君が好きです。これからも、ずっと先の未来でも、君の事を愛しています。
僕は君が居れば、優しい気持ちになれるし、きっとこの先も穏やかに生きていけます。
君が傍にいてくれれば、何も怖いものなんてない。君を愛しています。心から」
スポンサーサイト



2011-09-27 : 短編集 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

おはようございます
とても素敵なエッセイですね。
エッセイなのか 事実なのか。
一人になるのが怖かった。
私も そうかもしれない。
でも 最後のひと言を もし、言ってもらえたら 何の 不安も 心配も なくなりますね。
素敵です。
グッと来ました。

2011-09-27 10:32 : ボヤージャ URL : 編集
こんばんは
だいぶ涼しくなりましたね~。
節電の夏も終わり、ようやく秋らしくなってきましたが、
体を壊さないようにして下さいね。

2011-09-28 03:39 : りん URL : 編集
いいですね
切なさと、若いがゆえの純真さが感じられますね。

デビューした頃の、村上春樹を思い出してしまいました。
歳を取ると共に、彼の作品には、ちょっと「ヒネた」感じが出て来ましたけど、
若い頃は、そのヒネも心地良くて、素直さがあった。
この作品は、そんな素直さを感じます。
2011-09-28 08:07 : hana URL : 編集
ボヤージャさんへ
 ボヤージャさん、ご訪問にコメント誠に
ありがとうございます☆☆☆褒めて頂けて誠に嬉しいです☆☆☆

 これは一応ショートストーリーですが、しかしながら
半分フィクション、半分事実と言ったところです。

 脚色はもちろんしてありますから、事実の部分も
随分と違う人を組み合わせて物語の中で一人の人
として構成しています。

 何かが伝わったようで大変に嬉しいです☆☆☆
また、遊びに来て下さい☆☆☆
 楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2011-09-28 17:46 : NORI URL : 編集
りんさんへ
 りんさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
そうですね、とても涼しくなってきましたね。
心配をして下さって誠にありがとうございます。

 寒暖の差が激しいので風邪などをひかない
ようにお互いに気をつけていきましょう☆☆☆

 りんさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
また、遊びに来て下さい☆☆☆
 楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2011-09-28 17:48 : NORI URL : 編集
hanaさんへ
hanaさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
若いが故の純真さが感じられますか。それは大変に嬉しいです☆☆☆
しかも村上春樹さんをここから連想して頂けたとは、なんだか恐縮で
ございます。

 しかしながら、大変に嬉しいです☆☆☆
hanaさんも村上春樹さんの作品がお好きですか?
僕も村上春樹さんの作品が好きです。

 やはり「ねじまき鳥のクロニクル」が僕の中では最も
お勧めです。

 hanaさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
また、遊びに来て下さい☆☆☆

 楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2011-09-28 17:52 : NORI URL : 編集
風の歌を聴け
題名に惹かれて、なんと!
3回も買ってしまいました!
つまり、読んだことを覚えていなかったってこと…?
(笑)
それでも、わたしの心を掴んで話さなかったのですね…。
そのタイトルが…(笑)

何気ない日常こそが、『自分』を作るのだと思いました。
そのタイトルの中に、わたしの願望があるのだと、思いました。
もう、ずいぶん遠い昔のことです…。

『ダンス…』や『ノルウェイ…』は、
とてもロマンチックだけど、
居住地、生活、つまり舞台が違うだけで、
心の動きはアタシと違わなかったので、
「あたしの人生も捨てたもんじゃない!」
と、思いました。

でも、年代的には、
春樹ではなく、龍…のほうなんですよね。
限りなく透明に近い…派なんです…(笑)
基本、刹那派…なんでしょうね。

ますますの活躍と発展を、
ブログの片隅から応援しています…(p_-)
2011-09-28 23:46 : ZELDA URL : 編集
ZELDAさんへ
 ZELDAさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
題名に惹かれて、同じ本を3回も買うとは!!

 僕もタイムマシーンの本を、全く同じ本を二冊買って
しまいました(;・∀・)きっと、僕も随分と惹かれている
のでしょうね:(;゙゚'ω゚'):

 ゼルダさんの人生も必ず良いものですよ!!
間違いないですよ!!

 今から、また一花咲かせましょう☆☆☆
僕は村上龍さんの著書では「男は消耗品である」を
読んで、なんだかグッタリした事を覚えています:(;゙゚'ω゚'):

>ますますの活躍と発展を、
>ブログの片隅から応援しています…(p_-)

 もしかして、これって・・・:(;゙゚'ω゚'):
お別れの御挨拶ですか:(;゙゚'ω゚'):

 ゼルダさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
これが最後でない事を心よりお祈りしております:(;゙゚'ω゚'):
また、遊びに来てくださいね・・・(/ω・\)チラッ
2011-09-30 01:00 : NORI URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ更新履歴



ブログ移行作業中 (07/18)

当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

総記事数:

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる