FC2ブログ

月夜と永遠

 
 彼女は月明かりが指す部屋で窓際に膝を抱えて座り
そして、その美しい月を眺めていた。
 彼女は少し変わっていて月が綺麗な夜は部屋の明かりを
つけなかった。付き合い始めた頃、彼女にどうして明かりを
つけないのか聞いたことがある。
「月夜が好きなの。明かりをつけると月夜が台無しになるでしょ」と
彼女は微笑んでまた月を眺めるのだ。そんな彼女の月明かりに照らされた
横顔が僕は好きだった。この世界で一番美しいのではないかとさえ思っていた。

 今日も彼女のいつもの他愛のない行動だと思っていた。
ただ美しい月の明かりを眺めているだけのだと僕は思っていた。
けれども、その横顔がいつもとは全く異種の美しさをしていた。
まるで何かを決意したかのように、そして冷たく永遠に何かに
閉ざされてしまいそうな雰囲気の横顔だった。

「ねえ、あたし今日で終わりにしようと思うの」
彼女が囁くように小さく言った。
 何を言っているのかよく理解出来なかった。
今まで僕はうまくやっているつもりだった。
彼女が別れ話を持ち出しているのだとは分かったが
どうして互いの話し合いもなく一方的にそんな言葉を
出されているのか僕にはやはり理解できなかった。

「それは僕達の関係のことか...」僕は恐る恐る問いを返した。
「そうじゃないの」と彼女から予想外の答えが返ってきたので
僕は余計にわけが分からなくなった。
「それ以外に何を終わらせるんだ」 
「あたし今日、この命を終わろうと思うの」

 絶句する以外に僕はどんな反応が出来ただろうか。
この返答に対して何をどのように反応したら良いのだろうか。
いきなり感情的になることも出来るわけがない。
 まず意味を理解することが出来ないのだから。

 立ちつくした僕の前に来て彼女は背伸びして
僕の唇にかるくキスをした。いつもの温かな彼女の唇は
全く変わらないのに、この状況の変化は一体なんなのだろうか。

 そして彼女は僕の胸に顔を埋めて小さな声で語りだした。
「あたしはあなたが愛しくてたまらないの。あたしおかしくなってしまって
あなたが少しでも他の何かを考えていると物凄く嫉妬するの。でもそれは
とても変なことでしょ。例えば、あなたと散歩に行ったとき、あなたが
犬を連れている人を見て、あの犬可愛いねとあたしに言うだけで、あたしは
胸が張り裂けるのではないかと言うほどに嫉妬してしまうの」 

 僕はぼんやりと彼女の話を聞いた。
僕自身あまり正常な状態ではなく理解力も乏しくなっていた。
でも、彼女が今話しているほどに嫉妬をしている姿なんて
僕は見たことがない。彼女はいつも静かで穏やかで美しい
存在だった。僕にとって一番大事な人なのだ。

「あたし気づいたの。時々あなたを殺してしまえばもう嫉妬なんて
しなくて済むし、あなたはあたしだけの存在になるってそう思ってしまうことに。
実は何度も、あなたが眠っている間に首を絞めてしまおうと思ったことがあるの。
何度も何度も何度もよ。でも、あたしそれだけはなんとか抑えてた。
あなたの体を激しく求めることでなんとかやり過ごしてきたの。
でも、そろそろ限界なの。あたし。。。」

 だから僕にどうしろと言うのだ。

 しばらくの間沈黙が続いて僕は彼女を胸に抱きしめたままでいた。
そして、その沈黙を先に破ったのは彼女だった。
「最後に抱いて欲しい。そしたら、あたしその後にあなたにあたしの最後を見届けて
欲しい。あたしの命が終わる瞬間を。」

 彼女の精一杯の独占欲だった。
切なくて、痛くて、痛くて、切り裂かれそうなほどの
彼女の愛だった。これが、愛なのだろうか。
 
 でも、僕は見届けた。彼女の終わる瞬間を。
確かに愛は永遠にと葬られた。
 その後僕自身も気が狂ってしまったが、これで彼女も満足だろう。
僕は彼女だけの存在になった。全てが狂ってしまった。
 僕も彼女も愛の使い方を間違えてしまったのだ。



 こんな愛は許されますか....... 


スポンサーサイト



2009-12-16 : 短編集 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

はじめまして。
それも愛のカタチ

でしょうね

それを愛というならば。



コメントはじめまして。ご挨拶もなく失礼いたしました。
2009-12-17 20:40 : 無道詩音 URL : 編集
無道詩音さんへ
 ご訪問誠にありがとうございます。
それも愛のカタチなのですかね。

 僕としてもそんな愛もあるのかと思っています。
しかしながら、あまりに刹那的だとも思います。

 これについては、まだまだ若輩者の僕では
解決できませんが、作品を作成していく中で
答えを見つけていきたいと思います。

 ご訪問誠にありがとうございました。
また是非、遊びに来てください☆☆☆
 
2009-12-17 23:03 : NORI URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ更新履歴



ブログ移行作業中 (07/18)

当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

総記事数:

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる