FC2ブログ

残酷さを認める事

 命の重さに違いがあるのか?という問いを考えてみましょう。

 なぜ今更、またこんな問いをたてたのでしょうか。
それには理由があり、「無責任な博愛主義者」が多いと感じるからです。
自分は「優しい人間なのだ」「慈愛に満ちた人間なのだ」と思うことに意義を
感じ、それに対して、自尊心を満たしているのかもしれません。また、それを
弱者という社会的地位から、大多数を形成し、その思想が正しいのだという
ことを社会政策的観点の考察をなしにして語るのは非常に陰湿で「無知・弱者
という暴力」であると僕は感じています。
 
 偽物の博愛主義者が最も社会の中では性質が悪いと僕は思っています。
いっその事犯罪という構成要件を満たす行いをしたものであれば、どのような刑に
処するのかという事で一応の決着はつきますが、偽物の博愛主義者に至っては
無知を武器に感情を駆使し正義の革を被って社会を動かしていくからです。

 それは本人が意識しておらずに、それが正しいと無垢に思っているからこそ
何をしでかすのか分からないという怖さと、たった一時の感情に任せて大多数を
形成し、長期的スパンでは明らか良いものを自分の価値感だけで捻じ曲げて
突き進んでいくのです。これ程に怖いことはありません。

 今の日本が全くその通りの状態になっている気がしてなりません。
僕はこれを光市母子殺害事件を契機に大きな転機を迎え、無責任な
博愛主義者が随分と台頭してきたと危機感を募らせています。

 感情によって科刑が変わってしまう世界を想像するという想像力に欠けています。
無責任に感情を大切にと言うのは無責任というほか何者でもありません。
感情に任せて科刑をするということは、「気分で法律が変わる」ということと
全く変わらないのです。

 歴史の過ちを繰り返そうとしているのは、感情論者達であるということに
気付いて欲しいと思います。今まで血にまみれて勝ち得てきた、安定した法律の
基に社会が成り立っているという事を忘れないで欲しいと思います。

 せめて、高等教育まで受けた人々であるのなら、それがどれだけ血を流して
培ってきたものか理解出来るはずです。
 

前置きが長くなってしまいました
下記から本題です。


1 「あなたが死ねば、5万人が助かります」
2 「一人を犠牲にすれば5万人が助かります」
3 「自分の家族が死ねば50万人が助かります」

 これは厳格に、「生命の重さに違いはない」という考えを基に考えて下さい。

 あまりに厳格に「生命の重さに違いはない」とすると既に何も文字にする
必要もなく問いが無意味になってしまう事を感じて頂けたでしょうか。
しかしながら、「生命の重さに違いはない」と厳格にして、それを貫徹して
この上記三つの箇条書きに答えられる人がいるのなら僕はそれは人間では
ないと思います。どちらにも、同じ結果をもたらさなければならないからです。
若しくは、博愛主義よりももっと非常で、結果どちらも同じであるから連帯して
「最悪の結果を共有すれば良い」という事で全てを殺してしまう、もっとも
怖いものかもしれません。


 では、上記の三つの問いに対して、あなたが社会政策を担う立場であったら
どうでしょうか?


 当然のごとく多くの人間が助かる方を選択しますよね。
こういうことなんです。感情に任せて、全ての人間が大切だという博愛主義は
ただの無責任に過ぎません。それは優しさではなく、社会を動かしていくという
事も出来ません。

 例えば、あなた住む街で「一人を助けるために50万人の命を捨てた」政策を採用した
人間がいるとします。「全ての命の重さに違いはない」と言っている人でも自分の街で
そのような政策をされたら、もちろん非難するのではないでしょうか?

 しかしながら、もしあなたが「全ての命の重さに違いはない」と正義を振りかざすならば
そのような政策が現実に採用され1人命が重要視され、その他50万人が死んでしまう
という状況になったら、文句を言う資格などどこにもないのです。
 既に比べられないと言った人間に、上記のことに対して意見を言う資格などどこにも
ないのです。 

 残酷なことですが、僕の命も、あなたの命も、個人友人レベルではとても重要なもの
でかけがえのない生命である事は間違いないのですが、しかしながら、社会共同体と
いう中で考えるとき、僕の命も、あなたの命も重いものではありません。
とても残酷なことですが、命を比較して、状況によって命の重さに違いは絶対に
生まれるのです。

 僕はご都合主義の偽物博愛主義者が好きではありません。
感情に訴えたキレイごとを実際の現場に対して文句を言う、批判をするという
立場なら責任もなく、自分の手は汚さずに、自分は正しい事をしている
言っているという満足感でさぞかし気持ちよいことでしょう。

 そのような人々や、団体の感情的批判、デも運動などには間違っても
参加をしてほしくないと思います。私たちは、そんなにキレイなわけがないのです。
どうぞ、社会的に正しいと思ってしまうような感情論を武器にした主義、主張に惑わされ
ないようにして頂きたいと思います。弱者・無知という暴力を最大限に活用している
そんな過去の血を流して得た現在を水泡に帰すような、未来を促進する無知なもの
に騙されないで欲しいと思います。

 あくまでも、あなたが、そのような問題の第三者である場合には絶対に惑わされない
で欲しいと思います。自分は第三者であるという冷静な目で、問題を見て、当事者の
間に冷静に入れる、第三者という立場を厳守して、過剰に偏らないような抑止力として
機能出来るような、感情に流されるのではなく、色々な視点から物事見られる立場を
死守して頂きたいと思います。
スポンサーサイト



2011-09-24 : 作品作成日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

お早うございます
多々ご批判はあるとは思いますが

重さや価値など 違いはないと思います

意味さえもないと…

人間ってそんなに偉大でしょうか?

人間ってそんなにも特別でしょうか?

たまたまこの時期に 多数生息していて(生命の数からすれば少数派でしょうが)

たまたま環境を自分自身をさえ変えてしまう 過度な力を持って しまってるだけなのに

多くの人間を救うことが 社会的に 価値あるものであろうと

それは この広い地球の上での

小さな小さな人間社会の中での

話ではないでしょうか?



またまた 記事の内容とかけ離れた 勝手な意見を述べまして
申し訳ないです
とかくこの手の話には 敏感になってしまうたちなのでw

いちごはニガテことframmento

ps

台風の被害などはだいじょうぶでしたか?おかげさまで身近にはあまり被害などなかったのですが(この辺が身勝手ですよね 人間ってw)
2011-09-25 10:06 : いちごはニガテ(゜o゜) URL : 編集
いちごはニガテさんへ
 いちごはニガテさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
ひとつ、ひとつお答したいと思います。

> 重さや価値など 違いはないと思います
 僕もこの点に関しては文章中で指摘をしています。
そして同様の意見を記述しております。

> 意味さえもないと…
 意味は価値問題です。いま意味があるかないかでは
ありません。深い純粋哲学的な側面から環境と人間ということ
を考えればこの考え方で異論はありませんが、今回の記事の
論点は「人の命に重さはあるのか」またそれに対する社会との
関わりの中で、どのように、それが扱われるかという事ですので
このコメントは妥当性を欠きます。

 また、無意味という事にしてしまうのならば、感情を論じること
事態が妥当性を欠くことになりますので、ここで無意味と言って
しまう事は、いちごはニガテさんの、心情などを喋る事や感じる
ことさえも否定してしまう結果となり、自己矛盾を起こすはずです
から、それを言ってしまうのは、いちごはニガテさんという思想体系
が存在し得ない事になってしまいますから、これは妥当な見解では
ないと思われます。

>人間ってそんなに偉大でしょうか?
>人間ってそんなにも特別でしょうか?

 このコメントに関しては論点が上記記述とズレています。
そのような地球とか哲学的な考察をしているのではなく
この文章というのは、社会という共同体に暮らす中で
人間同士がどのように思考し価値感を置いているのか
実際にどのような政策をしていくことか、又、それに
対して感情論が支配するのはどうか?という疑問を
投げかけているわけですから、このコメントは妥当性を
欠き、且つ、論点がズレています。

> たまたまこの時期に 多数生息していて(生命の数からすれば少数派でしょうが)
> たまたま環境を自分自身をさえ変えてしまう 過度な力を持って しまってるだけなのに
> 多くの人間を救うことが 社会的に 価値あるものであろうと
> それは この広い地球の上での小さな小さな人間社会の中での
> 話ではないでしょうか?

 小さな人間社会の中での話が、人間の感情を支配しているの
ですから、問題として提起しているのです。もし、いちごはニガテさんの
この意見を現代社会の中に取り入れてしまうとするのならば、社会は現在
のように構成されることはありません。

 事実として小さな人間社会の話に過ぎません。それは宇宙からすれば
地球という大きな自然体という体系から見たときの話です。
仰られるとおり、小さな話という事実は事実として此処に存在しているので
すが、これが小さな話ではないと言える根拠も勿論存在するわけです。

 これが小さな話であるとするのならば、現在、原発の問題などが大きく
世間を騒がしていますが、それさえ非難されたりはしないはずです。また
光市母子殺害事件、死刑制度問題、環境問題、各国紛争の問題、それら
全てが世間を騒がせることはないでしょう。これが小さくないという論拠に
なります。

 又、人間の認識世界からすれば、全てを認識出来るわけではありません
から、自分の周囲の認識出来る世界の出来事が、その世界とされるわけ
ですから、これは人間という個人から見れば小さくない問題だと充分に
言えるわけです。

> またまた 記事の内容とかけ離れた 勝手な意見を述べまして
> 申し訳ないです

 いえいえ、真剣なご意見、コメントを頂戴して誠に嬉しいです☆☆☆
こちらこそ、かなり手厳しく返信をし申し訳ありません。しかしながら
この中で皆が生きていくという事を考えるからこそ、哲学ではなく
実質的な部分から考えるためにこれを書いています。
ご気分を害された部分があればすみません。

 僕の周囲は台風の被害はありませんでしたが、名古屋は大荒れでした。
地域によっては膝まで水が来たようです。しかしながら、僕の地区は大丈夫
でした。ご心配をして頂き誠にありがとうございます☆☆☆

 いちごはニガテさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
また、遊びに来てください☆☆☆
 楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2011-09-25 11:01 : NORI  URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ更新履歴



ブログ移行作業中 (07/18)

当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

総記事数:

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる