FC2ブログ

ルール

 価値感は世界の流れと共に変わっていくけれど
人自身はそこまで変わりはない。個人はあくまでも、いつの時代も
個人であったはずなのだけれど、その社会の中に於いて、言っては
いけない事、それを言うだけで大罪となる時代もあった。

 けれど、現代の日本は違う。そんな社会ではないはずだ。
それならば、議論をするために主張を展開しなければならない。
一時の争いを避けるだけの、その場しのぎの主張しないという
選択も選択のひとつだけれど、それならば後の動きに文句を
言う資格はないのだから、文句があるのならば自分の主張を
展開し、それを説明しなければならないのだ。

 それをしたら、大罪になる時代が過去にはあったけれど、現代の
日本の制度では少なくともそんな事はない。もしかしたら裏の社会と
いわれる部分で見えない力があるのかもしれないが、それは見えない
部分のお話であって、事実見える部分では大罪になるような要素はない。
言わなければ、個人主義などは完成されないのだから、個人を主張する
のならば、論争を恐れてはいけないのだ。

 主張も展開せず、批判もされずに過ごしてきた報いとして
誰かの主張に従わなければならないのだ。リスクを負わない人に
成果、結果という対価は絶対についてこないという事が原則なのだから
リスクを負わない、つまり主張しないということは何かを手に入れられない
と言って文句を言う資格さえもないのだ。

 それを肝に銘じて生きていこうと思う今日この頃です。
スポンサーサイト



2011-05-13 : 短編集 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-05-13 04:32 : : 編集
今日は晴れだよ。。
こういう記事にばかりコメントしてるね^^;
わたしは主義主張を持たない、言えない人って好きじゃない。事なかれ主義っての大嫌い。それで隠れてブツクサ文句をいう人、サイテ―!!
子どもたちが学生で一保護者だった時代。学年懇談会などで誰も意見を述べない。質問もしない。で、わたしが当然目立っちゃうわけ。ある人がそんなわたしに「○○さんはお子さんがよくできるから」って言った。「なにが関係ある?PTAってなにか解ってる?」と反論したことが、メッチャ噂になり尾ひれがつきまくって、わたしの耳に入ったときには「それ何の話?」ってことに。
バカバカしくて放っておいたけど。その人はわたしと目を合わせられなくなってたみたい。

わたしは瞬時に『これを言っていいかどうか』を判断するので、たいていどんな場面でも意見を言う。だからこんなことはよくあるのだけど、最近では職場で総務の上司にどうしても納得いかないことを尋ねたら時給を下げられ、授業数までメッチャ減りました。息子は法的に間違ってると言うのだけど、それで争うのも面倒という気持ちがあって、辞めるのも悔しいから居座っています。市内では大手の進学塾なのにお粗末なことです。こんなだから新人の育成ができないんだよ。もちろん会社組織だから利益優先なのは最もだけど、なんかちょっと違うな・・と思ってしまうことがあるのです。
ダラダラと書いちゃってごめんなさい。ではまた。
2011-05-13 16:32 : リアン URL : 編集
心掛けなくては、行動を行えない自分には
叱咤激励を受けているような言葉でした。

自分を変えて世界を変えなくては。
 
 
2011-05-13 21:08 : 花 URL : 編集
鍵コメントBさんへ
 鍵コメントBさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
いえいえ、脱線だなんて、大丈夫ですよ☆☆☆

 でも、お辛い時期に差しかかっているのですね。
僕も少しだけ、パニック障害がぶり返してきたようでなんだか
体調もすぐれません。。。

 けれど、大抵こんな時には何かあるので、しっかりと受け止めて
何が原因なのかを突き止めていきたいと思います。

 鍵コメントBさん、少しお辛い時期かと思いますが
僕もパニック障害を乗り越えますので、お互いに乗り越え
ましょうね☆☆☆

 Bさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
また、遊びに来てください☆☆☆
 楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2011-05-14 00:22 : NORI URL : 編集
リアンさんへ
 リアンさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
コメントをいただけると大変に嬉しいですよ☆☆☆

 PTAの事はまだ、子どももおりませんので、一体実際は
どのような内情なのかはよく分かりませんが、PTAの内部関係は
こじれるところでは、こじれているらしいですね:(;゙゚'ω゚'):

 主義主張をすると、それ自体がおかしいこと、怖い人という
イメージになってしまうのは、どうしてなのでしょうかね。
穏やかに話し会いや討議をしたいというだけであるのに
の関わらず、そのような事は事実難しかったりするのですが。。。

 職場の総務の対応はおかしいですね。
それぞれの組織のことはあるにせよ、意見をぶつけ合えない
職場は辛いですね。

 でも、ときにぶつかっても、それが一貫して展開できる
のであれば必ず道が開けると僕は思っています。
多少は話は違うかもしれませんが、過去の偉人達は
主張を展開し始めたとき、変人扱いをされている方々が
多いです。

 でも、それを理路整然と体系にまでして展開できたから
こそ偉人なのだと思います。その考えや思想は今もなお
世界に影響を与えています。

 それくらいに主張出来るようなタフな精神を持って
いきたいと思う今日この頃です。

 リアンさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
また、遊びに来てください☆☆☆
 楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2011-05-14 00:36 : NORI URL : 編集
花さんへ
 花さん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
僕も心がけていないとやはり弱い自分に流されてしまいそうで
この文章を書きました。

 僕もまた自分の世界を変えていきたいと想います☆☆☆
一緒に自分が望むような人生を歩めるようにしていきましょう☆☆☆

 花さん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます。
また、遊びに来てください☆☆☆
 楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2011-05-14 00:39 : NORI URL : 編集
ありがとうございます。
リンクを貼ってくれてありがとうございます。
こちら側もリンク貼らせていただきました。

ただ僕のブログは更新が遅いのでリンクを貼る価値があるかどうかわかりませんが、もしアレだったらリンクはずしてくれても全然いいです。(笑)

全然気にしませんので。(笑)

前回のコメントもふまえて、ほんとはもっとはやくコメントしようかと思っていたのですがあんまりひんぱんにコメントして目立つのもよくないかな、と思い、この記事が下にさがるまで待ってました。(笑)

・・・21世紀はもっと開かれた社会になるはずだと20世紀後半、子どもだった僕はそう思ってました。

しかし、実際は江戸時代のような「身分社会」にもどりつつあるような気がするんですよね。僕は。

義務教育があり、誰も高校にいき、半数以上が高校以上の教育を受けるのに、待っているのは
経営者一族>正社員>派遣・フリーター
という「身分制」なら、ゆとり批判以前に、教育っていったい何なんだろうと思わずにはいられない。

ヘーゲルの弁証法とかが絶対とは思わないけど、しかし、正(テーゼ)と反(アンチテーゼ)の対立から合(ジンテーゼ)というふうに認識が深まっていくという「認識に対する認識」が教育期間(機関)を通じてもっと広く普及しててもいいのではないかと思うのです。
せっかくの「学歴社会」なのに、今の日本は「からっぽの学歴社会」だ、といいたくなってしまう。

「批判」というものが「甘え」とか「わがまま」とか「結局つらいことから逃げてるだけ」とか、そういうふうに受け取られ、「批判」そのものが「批判」される実社会に危機感を感じます。

民主主義は絶対王政等への「批判」からはじまったのに、「批判そのもの」を殺害するなら、それは歴史が血だらけになって手に入れた民主主義を自ら放棄するに等しいと思う。

・・・批判が歴史においてどれほど現代の僕らに貢献してくれたか、批判がなければ「人権」という考え方さえ生まれなかったということ、こういう批判の「素晴らしい面」「有益な面」がもっと多くの人に認知されることを願うばかりです。
2011-05-16 00:12 : となりのアサギ。 URL : 編集
となりのアサギさんへ
 となりのアサギさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
リンクまで貼って頂き誠にありがとうございます☆☆☆

 実質的な身分社会になってきているのかもしれません。
批判そのものが批判される社会ってなんだろうと?と僕も思います。
でも、確かに社会運営に関して民主主義が採られているという
ことを厳格に考えてみると、言わない国民が悪いとも言えそうです。

 ただ、実際の社会の中で、広く物事を見ていけるほどのゆとりが
あるのだろうか?と考えると現在の分業社会の中では無理なの
かもしれません。それが、また無知を生み出す結果となっている
気がしてなりません。

 大学は本来研究機関であったはずなのにも関わらず
現在のそこには、教育と呼ばれるものが台頭してきてしまい
ました。教育期間は既に終了し、向学心からいくはずの大学の
地位がそれによって失墜してしまいました。

 この話は、幾多もの要素が複雑に絡んでいて、何をどのように
話しても整合性が取れないので、どうも話にくいのですが、問題点を
こうして、ひとつひとつ討議、批判、反論を繰り返して導き出すしか
ないような気がします。

 批判そのものが甘えや我侭という風潮は見受けられますね。
社会人なのだから・・・ 甘えているからだ・・・などという言葉を
よく耳にしますが、その批判に根拠があり、その批判が何を良く
しようとしているのか明確であるのなら、それは甘えや我侭でなく
提案の部類に入ってくると思うのですが、それを考えるほどの
知力も、洞察力も失ってしまっているのが現代社会の現状のよう
な気がします。

 根拠が明示されて批判が展開されるのであれば、それは正当性を
持った意見であり有用なものであるかもしれない、という事を考えずして
上から潰していたら、それは実質的に社会主義になってしまうというのに。
また、中間管理職、管理職と言われる人々は統制をするのではなく
何が有用なのかを考え個人を見つめて企業なり団体なりに寄与すべき
であると言うのに、未来を考える力をなくしてしまい、ただ従うのみでは
企業の未来も危うい・・・と感じたりします。

 となりのアサギさん、本当にこのようなコメントをありがとう
ございます☆☆☆本当に難しいこと、整合性が取れないことが
たくさんありますが、少しでもこうしてお話が出来ることが重要
なことのような気がしています。

 また、是非遊びに来てください☆☆☆
楽しみにお待ち致しております☆☆☆ 
2011-05-18 22:09 : NORI URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ更新履歴



ブログ移行作業中 (07/18)

当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

総記事数:

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる