FC2ブログ

少しだけ為替のお話~ 他人がやっている事の反対をしろの嘘

 為替取引が一般に公開され、誰でもが楽しめるようになったのは
まだ、そんなに昔の事ではありません。
 僕が為替取引をはじめたのは2004年のことです。

 外国為替証拠金取引と言われ、金融商品としてはじめて
取扱いを行ったのが「ひまわり証券」です。1998年のことです。

 僕がはじめた2004年でも、認知度はあまり高くありませんでした。
使える業者もそんなに多くなくて、今ほどたくさんの会社を選んだり
キャッシュバックされるキャンペーンなんて、まだありませんでした。

 インターネットのおかげでしょうが、早いスピードで広まったと
感じます。

 ブログの趣旨をはずれますので追記にしました。
ご興味がある方は続きから読んで下さい。

 為替取引を楽しんでおられる熱心な方ですと、トレンド形成についての学術的な
書籍などを読むかと思います。僕もよく読みました。

 一般的にテクニカル分析と言われる手法の本ですね。
チャートを見て、どこを基点として、今から「上がる、下がる」を
解釈していくかという方法です。自分なりのルールを作って、それに
従って機械的に、感情を入れずに取引をしていくことが重要なポイント
になる取引です。テクニカル分析の手法などの本にはあまり下記の
ような文言は見られませんが、雑魚本(「いますぐ勝てるFX」というような
学術的でない定価1000円ほどで売られている本の事)には、よく書かれています。

 「人と逆のことをしろ」


 テクニカル分析、解釈を主体としている方で、この言葉に疑問を
持たない方は、FX、CFD、株取引はやめた方が良いです。
特に社会情勢などを基にして長期的判断をしない方は尚更やめた方が
よいです。餌食になるだけです。

 その理由を簡単に紐解いていきましょう。


【市場プレイヤーの全体的なセオリーと教育】

 現在、どれほどのプレイヤーがいるのかは分かりませんが、一般的に個人で
取引されている方の総量は増えています。これだけ業者が乱立するところを見れば
そんなことをは一目で分かりますよね。

 まずはチャートが形成される根本理由を考えてみましょう。
あの、上がったり、下がったりする理由はなんでしょうか。

 「買い圧力」と「売り圧力」が均衡を失って、どちらかが強くなった場合に
そちらに動いていくことになります。

 では、「売りたい」「買いたい」と思う市場心理を構成する
最小単位はどこでしょうか。それは個人、法人ですねよね。
 さらに、その最小単位の人々が共通で持っている思考フレームはなんでしょうか?
何によって構成されているでしょうか?

 それはマーケットに対する、「こうなったら、こうなる場合が多い」という
情報本などの影響、ニュースなどの社会情勢がこうなったら上がる下がるという
情報です。これは、無意識的に、市場プレイヤーが意識します。それは市場の
プレイヤー大多数の考えとしてチャートに反映されることになります。
上がるか、下がるかというのは人気投票と同じなんです。どれだけ注目を集める
センセーショナルな情報が市場に流れるかということなんです。

 上記に述べてきたことを簡単にまとめてみましょう。

①チャートが上がったり下がったりするのは市場が均衡を失った場合である。
②均衡を失わせる最小単位は各個人、法人である。
③各個人、法人の共通認識が存在している。
 それはマーケットに対する教育が同じことを教えるわけであるからである。
 例えば;米国雇用統計が下がったから、ドル安傾向に動くであろう。

 つまり、ここで言いたいのは何かが起こったら、どうなるという知識を
共通で持っている。それがチャートの形成に影響するということである。
簡単に言えば人気投票です。

 つまり、大多数が賛同する共通フレームがプレイヤーの共通認識として
市場には存在しています。



【トレンドに乗るということは他人と同じ事をするという事】

 「他人と逆の事をしろ」という言葉と「トレンドに乗る」ということは
相反した考え方になります。逆ではなく、むしろトレンドに乗るということは
他人と同じことをするからです。

 と、いいますかトレンド形成がはじまった時点で
他人と違うことをしたら、個人が一国に勝るほどの資金力を持ってして
レバレッジを400倍くらいかけて資金を投入しなければ、そのトレンドは
反転しません。

 そんな、こと出来ますか?
出来ませんよね。
 
 だから、「他人と逆のことをしろ」という言葉を知りつつ、「テクニカル分析主体」
「テクニカル主体」なんだと言いつつ、自分の知人には「他人と逆のことをするんだ」
なんてチグハグなアドバイスを平気な顔をして言ってしまう人がいるわけです。
 他人と逆の事をするというのは、あくまでも、そのトレンドが終焉を迎える手前で
また、そのトレンドに乗っている人々が多い間に、その逆にするということです。

 普通に、トレンドに逆らったら絶対に勝てません。
他人と逆の事をするというのは市場において、そういう意味です。


 市場の大多数に共通の思考フレームが存在している以上
相対的にチャートの形成は、その情報に委ねられるわけですから
素直に、曲がった考えを持たずセオリーに乗るべきだと僕は考えます。

 ダブルボトムをつけて、上がり出して、あるラインと突破したら
トレンドが形成される場合が多い。


 これは熱心な方なら、誰でも知っていることです。
知っていればトレンド形成される可能性が高いということで「買い」ますよね?
他人と逆のことなんてしてませんよね?

 他人と逆の事をして、市場プレイヤーとして勝つ事が出来るのは
大きな資金力を持った場合だけです。意味不明に市場が動く場合に、
そういった大資本が入って来ている場合が多いです。でも、小さな
資本の市場プレイヤーは群れをなして、その相場から逃げ出します。
よって、大資本が思った通りのトレンド形成が起こるわけです。


 チャートは人の相対的気持ちを表したものであるのです。
なので、この情報がどれだけの人に影響を与えるのか、相対的に見て
この情報市場のプレイヤーが良いと思う情報であるのか、を常識的に
考えれば、それだけで良いことなのです。

 「他人と逆の事をしろ」は全く見当違いもいいところです。
市場で勝つためににはトレンドに乗るという方向しかありません。
他人と逆の事を、トレンド形成が始まった時点で、あなたはその逆を
行いますか?行いませんよね。

 そういう事なんです。
もし、テクニカル分析をしていながら、「他人と逆のことをしろ」という
言葉を間に受けているのなら、市場プレイヤーとして不適格といわざる得ません。
もう一度根本から学習して下さい。楽しみでやっている方は、そのまま楽しめば
良いかと思います。

 理論をどれだけ知っている、とか、何かを知っているという類の
ことではなく、これは仕組みの理解の問題です。
僕より知識といいますか、たくさんの金融用語を知っている人など
たくさん存在しています。

 これを興味を持って読んで下さっている方もそうかも
しれません。でも、根本の理解が出来ていなければ、その知識は
体系となっていません。ただ、その言葉を知っているだけという
ことになってしまいます。

 市場のプレイヤーとして本気なら、これくらいの仕組みや
矛盾した言葉に気がつくべきだと思います。


 よって、最後の結論ですが、「他人がやっていることの逆をしろ」は
でたらめである、という結論です。

スポンサーサイト



2011-02-10 : 作品作成日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

FXは知りませんが…
水は低い方へ流れます。
大局は、みな同じです。
でも、「逆をしろ!」に、心が動いた人たちは、
大局に反した(反する)『自分』に酔っているのでしょう。
たまたまの出来事だとしても、
「~だから儲かる(ウケた)!」「~だから儲かった(ウケた)!」と、
有頂天になっているのです。
ただ、目の付け所が目新しかった、
登場の仕方が斬新だった…と言うだけのことかもしれないのに。
少し経てば、それが主流になるかもしれないのに…。
ずっと、その栄光にしがみついていたら、成長しないのに…。

そして、大局がやっぱり強い…と知るのです。
そして、大局に乗るだけでは満足しない自分に気づくのです。

そして、次へ羽ばたけるかどうか…?です。
問題はソコです…。
(多分ね…^_^;…)
2011-02-10 22:56 : あたし URL : 編集
あたしさんへ
 あたしさん、ご訪問にコメント誠にありがとうございます☆☆☆
本当に仰るとおりだと思います。
 目に見えない現象も物理法則と同じなのだなと感じる
今日この頃です。

 循環しているのです。同じところをグルグル
姿形を変えて循環しているのです。でも、法則は
同じなのですよね。根本的なルール、原則はたゆみなく
同じ流れですね。

 水は高いところから低いところへ流れる。
栄光は三秒で捨て去れなんて言葉があった気がします。
そういうことなのかもしれません。

 あたしさん、勉強になるコメントを誠にありがとうございます☆☆☆
また、遊びに来てください☆☆☆
 楽しみにお待ち致しております☆☆☆
2011-02-11 21:19 : NORI URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ更新履歴



ブログ移行作業中 (07/18)

当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

総記事数:

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる