スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

自己満足の彼方

クレジットカードの審査を通すことがいまわば現在僕の趣味になっています。少しづつクレジットヒストリーを構築して仕事を大きくして年収を大きくして、といわばやる気を出すためのゲームのように、それを糧としてやってきたという感じも最近は否めません。


仕事を大きくすればするほど、税金などで社会に還元をしています。また、色々な事でお金を出しますから、それで他の人が生活をしているという事も事実ですが、結局のところは自己満足をしていく事がとても大切な気がしています。


何か手に入れたいという目標を持つからこそ、それをやっていけるのですから。もし、大きな自己満足がたいした事でないというのであれば、「やりがいのある仕事」なんて事は言わないでしょう。


人の役に立ちたい・・・そうですね。そうかもしれません。でも、それは自分が自立できてからのお話です。ボランティアも良いかもしれませんが、けれど優先してやるべき事があるはずです。自立をしなければなりません。会社からもらえている給料というのは、決して自分が稼ぎ出したものではありません。あくまでもその会社が築いてきた信用・信頼で得た仕事の量が多くなった故に従業員を雇うという形で会社の仕事の一部をもらうという感じです。自分で稼いだのではなく、あくまでも「これだけの仕事に対して、これだけの給与がもらえる」という契約に過ぎません。


それが自分にとってはあまり好ましくない事であったので独立をしたわけですが、ここまでやってみて気がついたのは幸せを感じるという事は究極の自己満足であるという事です。でも幸せを感じるという事は才能でもあるのだと感じています。


何に幸せを感じるのか人それぞれで色々とあると思います。


でも、中には幸せを感じられないからこそ、幸せになるためにどんどんと進んでいくという事もあります。でも、最終的にはどのように環境を作っても自分がそこで幸福であると思わなければ、それは幸せではありません。


何をどれだけ頑張っても、結局のところは最終的に自己満足をしなければ幸せになれません。ですから、色々と自己満足が出来る事を探して、チャレンジをして手に入れたいものは手に入れるために努力をしてという事が重要な事だと感じています。

究極的には、全ては自己満足であると思います。人にどう見られたい?社会的にどうありたい?とか・・・でもこれって自分がそうなったと思い込んでいるだけかもしれません。どのような素晴らしいことをしていたとして、それに誇りを持っていようとも世界の全ての人がそれを知って、「あなたは社会に必要な人間だ」と言うわけでもなく、極端な話、明日自分が死んだとしても社会は変わりなく動いていきます。側近の人々などは何か影響を受けるかもしれません。けれども、その影響は本当に一部のものに過ぎません。


相当に大きな世界的な事業規模を手に入れて展開している際には、創業者が亡くなったりすると株価が落ちたりと大きな問題に発展する事もありますが、中堅の日本の中小企業の創業者あたりではまずそんな事はありません。


ですから、本人的は自己満足をして、何となく役になっているとか、そんな風に思うしかないわけで、少なくとも自分の周囲の人が幸福である環境を維持し守っていく力があればよいと思います。また、その中で自分が幸福を感じる能力をうける必要があると思います。


個人的には現在はクレジットカードの取得がほぼ趣味になってきていて、ある程度取得が難しいカードであれば自分の信用情報の改善を考えて仕事がして、その数字的に出てしまう社会的信用の部分を改善していくという事を楽しんでいるわけです。


欲しいものには手を伸ばし、そのために努力をするという事は生きる活力を与えてくれます。自己満足が出来るようなことに向かって進んでいく事も、それはそれで目的、目標の達成ですから楽しい事ばかりではありません。けれども、なりたい自分になる、なりたい経済状態を手に入れるということなど全てを内包している故に、そのように努力をしていけば高いところまでいく事が出来ます。


でも、どんなに良い事をしても、やはり究極的には自己満足です。ただ、その自己満足で作った仕組みや、仕事でより多くの人が仕事に困らないようになればと思います。


スポンサーサイト

tag : ビジネス 自己満足 仕事 クレジットカード ステータスカード

2015-02-28 : 作品作成日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Diners Club Plemium(ダイナースクラブプレミアム)が取得出来ました | けれどもJCB THE CLASSの取得がまだ・・・

Diners Club Plemium(ダイナースプレミアム)の審査結果が到着しまして、無事に審査を通過して発行される事になりました。2015年現在29歳。ギリギリ20代での発行の運びとなり大変に嬉しいです。

ダイナースプレミアムはダイナースが発行するクレジットカードの中で最上位のクレジットカードとなり、いわゆるブラックカードと言われる類に属するクレジットカードです。

もともとブラックカードというのは、アメリカンエキスプレスが発行する最上位のクレジットカードであるセンチュリオンカードのフェイスが黒であったという事に由来しているといわれています。都市伝説的に語られることが多かったアメリカンエキスプレスのブラックカードであるセンチュリオンですが、都市伝説でも何でもなく、確かにアメリカンエキスプレスのセンチュリオンは存在しているアメリカンエキスプレスの最上位のクレジットカードです。


そして、今回僕が審査に通過したのは、歴史的にはアメリカンエキスプレよりも歴史が長く、世界で最もはじめにクレジットカードを発行したといわれているダイナースクラブの最上位のクレジットカードであるダイナースプレミアムが取得できたということです。


ただ、ダイナースのプレミアムカードはアメリカンエキスプレスのセンチュリオンと比べるとまだまだその歴史は浅いです。クレジットカードという分野の歴史ではダイナースが世界で最初のクレジットカードの仕組みを作り発行に至っているので確かに歴史はダイナースなのですが、俗称のブラックカードという言葉を世に知らしめたのは、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードです。


今まで最高のカードブランドはどちらかという事で熾烈な戦いをしてきたのがアメリカンエキスプレスとダイナースでしたので、その双璧をなす、俗称ブラックカードはアメックスというイメージを覆したいという思いからリリースされたダイナースの最上位カードがダイナースプレミアムカードで、現在は、ブラックカードはアメックスかダイナースかと言われているという現状にあります。


ダイナースブランドの岐路に立つ起業運営、ブランドイメージ、実際の業績と社会的な結果
ただ、ダイナースは2015年の現在に至るまでに、色々と運営企業がダイナースではなくcitiに変わり、citiカードの上位ブランドとなり、そのままダイナースとしてのブランドを維持するという、いわば汚点がある事も事実です。ですから、現在は昔のようなステータス性をそのまま維持しているかと問われると、それはかなり難しいという事もまた社会的に事実となっています。


また、2014年の終わりにはダイナースが岐路に立っています。ダイナースブランドをどこが買収をするのかという事で現在色々と調整がなされているというのもまた事実です。現在のダイナースを運営しているcitiの業績不振が影響しているのですね。

http://www.asahi.com/articles/ASG9N4JDJG9NULFA007.html

ダイナースブランドの維持については、実際にcitiがダイナースを買収した際にも、「citiなんかにダイナースが買収されるなんてダイナースも終わり」とよく言われていました。


シティバンク銀行が進めている国内個人向け業務の売却で、12日に実施された1次入札に三菱UFJフィナンシャル・グループ など3メガ銀など10行近くが応札した。シティは、黒字事業の国内のクレジットカード事業も同時に売却する方針を応札企業に伝えた。複数の関係筋が明らかにした。

複数の関係筋によると、応札したのは、三菱UFJ、みずほフィナンシャルグループ 、三井住友フィナンシャルグループ 、りそなホールディングス 、三井住友トラスト・ホールディングス 、新生銀行 に加え、地銀大手など。シティは、提示された各行の金額や条件などを検討し、10月にも実施する2次入札に向けて3行程度に絞り込む見通しだ。


転載元記事:http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0RD2NZ20140912



今度のダイナースクラブがどのような状態で存続するのか分かりませんが、少しばかりダイナースクラブには頑張ってもらいたいと思います。現在のダイナースにあるのは、昔から培ってきたブランドイメージ以外にありません。つまりはステータス性という事以外の魅力はなく、クレジットカードブランドの中でもJCB以上に使用出来る店舗が少なく、クレジットカードが好きな人々の間ではステータス性以外の実際の利用という面では難点が多いとされているのもまた事実です。

昔の没落した王侯貴族のような・・・そんなイメージもないわけではありません。ただ、確かにまだステータス性という社会的側面からのダイナースクラブというものは事実として存在していますし、欲しいと言ったから取得出来る難易度のカードではありませんから、やはり個人的にはダイナースプレミアムが取得出来て嬉しいと思います。



JCB THE CLASSの取得がまだ。。。。
ただ、以前ブログでも記事にしたクレジットカードブランドのJCBの最上位カードの「JCB THE CLASS」はまだ取得出来ていません。。。これが僕の心の中では一番のネックとなっています。

本当はJCB THE CLASSの方がもっと早く取得出来ると思っていましたが、現実は小説よりも奇なりと言う言葉があるように、審査基準としてはアメックスのセンチュリオンや、今回僕が取得できたダイナースクラブプレミアムよりも下であると言われているJCB THE CLASSで僕は落ちているわけです。。。しかも、最も使っている年数も長く決済額もそこそこあるJCBの最上位カードの審査には落ちている・・・

大学生頃のJ-1というプロパーカードから一般カード、JCBゴールドと、もう10年程度使用しているJCBカードなのに。。。JCBは日本国内のクレジットカードブランドで国際的なクレジットブランドでもあるので、やはりJCBが世界では弱いし使える店舗が少ないといわれていようとも日本国内で使えないところは殆どないわけで、しかもたった5つしかない国際ブランドの中で日本のクレジットカードが入っているわけですからやはり取得しておきたいという気持ちが強いのですが、なかなかクレジットカードの審査というのは分からないものです。


JCB THE CLASSに落ちている僕が言うのもあれですが・・・JCB THE CLASSも基本的には欲しいといってもらえるクレジットカードではありませんし、一般的には取得難易度はかなり高いです。頑張ればいけると言いますが、やはり経済的な側面から審査をなされるのがクレジットカードの審査ですから収入を上げて、所得証明がより高く出せるようにしていく事や、信用情報を整理していくという事が重要です。


また、JCBのプロパーカードを取得してJCBゴールドを取得してインビテーションを待つというのが通常ですから、若いうちにJCB THE CLASSが欲しい、20代のうちにJCB THE CLASSが欲しいと思っている方はJCB COLDを取得して、それを生活の中心として使用してクレジットヒストリーを良好な状態で蓄積をしていく事と、年収を増やすという事を考えて実際に年収を増やしていくという事を実践して実現していかなくてはなりません。


この手のプレミアムカードの恩恵は大きいのですが、しかしながら、その恩恵を受けてもそのサービスや商品を購入するという事がキツイという年収では、最高ランクのクレジットカードの良さを知る事は出来ませんので、サービスを最大限に利用が出来る収入を確保するという事も重要な事です。


とりあえずJCB THE CLASSを手にしたいという方はJCBのプロパーカードがないとお話になりませんから、JCB THE CLASSは欲しいけれども、まだJCBのクレジットカードを持っていないという方は、この機会に申込んでおくと良いのではないかと思います。







【JCB THE CLASSに関する記事】
「JCB THE CLASS」の申し込みをしました
JCB THE CLASSの審査結果待ち・・・
カード本気で不満に思うこと ~ JCB THE CLASSの審査
JCB THE CLASS 結果 否決

tag : JCB THE CLASS ダイナースプレミアム ブラックカード ステータス クレジットカード

2015-02-27 : 作品作成日記 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

久しぶりに知的興奮を覚えた出来事 | 「買いたがる脳」を読んでいて~

購買行動の事を考えながら書籍を読んでいました。また朝になってしまっているわけですが、よりよく反応率の高い広告などの提示の仕方やディスプレイ、接客方法の事を考えていました。


読んでいたのは下記の書籍です。



「買いたがる脳」という書籍ですが、脳神経科学の話などが出てきて大変に興味深い本でマーケティングだけの留まらない購買心理の書籍です。


これを読みながら気がついたのです。ふと、糸が解けていくかのようにスルリと!!


ソファで寝転がりながら、この書籍を読んでいて何かを飲みたくなったので、マンションの一階にあるドリンクコーナーに行きコーヒーとコーラを買ってまた部屋まで戻ってきて玄関で「ふと」気がついたで、「ああ!!」と声を出してしまいました。


「なんで、今ままで気がつかなかったのだろう?」と。そして、それをすぐに紙に書き留めました。


かなり端折って言えば「行動にはパターンがある」というたったこれだけの事に今日気がついたのです。これ自体は何も真新しく知った事ではなく、そもそも知識的には知っていたのです。けれども自分の体感としては理解が出来ていなかったのです。


それに今日、体感、実感を伴う形で気がついたのです。知識と自分の経験が完全にリンクして本当の知識となったというわけです。


知っている事でも、なかなかそれを活かしきれていない事があります。なかなか、現実の社会的な生活の中で、当てはめが行えていない事と、なんとなく心とか行動というものは混沌とした規則性のないものであるという事を前提としているから余計に見つかりにくいのでしょう。


人間はロボットではないから予定された行動はとらないけれども、ただパターンに入った際に、同じ行動をしてしまうという事だったのです。そのパターンに入るための入り口が様々な形をとるだけで購買行動、物事の決断への行動など、全てはパターン化されているのです。


ただ、そのパターンに入るキッカケを与える瞬間が無秩序であって混沌としているという事です。ですから、相手方が入ってきやすい入り口を何個も作っておくという事が大変に重要な事で、つまりマーケターというのは入り口作りをして商品やサービスと相手方との接点を作るという事が本当の仕事なのです。


そして、それを作り出すことは、相手の人生を豊かにするものです。決して損するものを買わせようとか、そのように思っているわけではありません。基本的には役に立ったり、面白かったりする物やサービスを勧めるわけですから臆する事は何もないわけです。


つまりは自信を持って商品やサービスを勧めれば良いわけで、何も後ろめたいことをしているわけではありません。


そもそも商品やサービスというのは誰かのニーズに合わせて作られているものです。ですから、それをしっかり相手の接点を見つけて勧めて、相手方がそれを理解して購入という行動を起こすのであれば、それは相手の人生を豊かにするということに他ならないのです。


そして勿論、相手を幸福にすると自分にも少しだけその対価が支払われます。物たサービスを売るということは、どちらかが損をする事ではありません。販売している自分もその対価で生きていく事が出来ますし、相手方はその商品やサービスによってより豊かな人生を手に入れる事になるのです。


こうして豊かさはどんどん増していくという事なのです。


これに気がつくのに、なんと時間がかかった事でしょうか。大変に時間がかかりました。


約29年と6月の歳月を費やして、このごくごく当たり前の事を実感を持って、自分の体験もリンクしつつ本物の知識となったわけです。長い長い道のりでした。いくら知っていてもなかなかこのようにリンクする事はありませんでした。これが、完全なる基礎というわけです。


つまり、これが明確に理解出来た事で、また僕自身は上に上にと迷いなく進んでいく事が出来るでしょう。


そして、そこには長らく忘れていた知的興奮もありました。そして「ああ、楽しい」「嬉しい」「解けた」という素晴らしい快感を思い出す事が出来ました。長らく味わった事のないこの久しぶりの感覚。


勉強ばかりしていた大学生時代には何度も何度も体験をしたこの感覚。だから学術は面白かったのです。このモヤモヤが消えて明確に道が見えるという感覚。


ああ、何と素晴らしい事でしょう。素朴かもしれませんが、やはり忘れていたものがあったという事です。この感覚を忘れないように、また一生懸命に知識を蓄えて、「考える」という知的興奮を味わっていきたいと心から思いました。長らく苦しんだ大きな大きな問題が解けてすっきりとしました。


これで、しばらくの間は迷い無く邁進できることでしょう。


さあ、仕事だ、仕事!!

tag : ビジネス マーケティング 人生

2015-02-16 : マーケティング・コピーライティング : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

変わっていくべきスピードがあまり早いから~

ビジネスも、それを取り巻く環境も、僕自身も、何もかもが変わっていくスピードが早いと感じています。どんどんと加速していると思います。


ただ、その中で僕自身が少しばかり遅れてきているような気がしています。色々な変化の中で僕自身も変わっていかなければなりませんが、最近は同じところを堂々巡りしているようなそんな気分に襲われます。


また自分の行っている事に何の意味があるか・・・なんて事を考えて、全てが無意味な気がして、何か苛立ちを覚えています。


「僕は誰なんだろう・・・」


そんな心の声が聞こえてきます。一体自分は何者で何をするためにこの場所にいるのか???という心の声が聞こえるような気がします。


けれども、この瞬間の今の自分が自分であるという事は疑いようがありません。だから、僕が最も疑問なのは自分が何をしていけば自分自身が満足をするのかという事なのであると思います。それは、誰もがなかなか分からないで毎日毎日を過ごしている事であるとも思います。


人間だから・・・人間は機械ではないのだから・・・と僕に声をかけてくれた人がいました。そのような言葉をかけてくれる事はとても嬉しい事で励まされるのですが、何かやはりしっくりとこない感じがします。


多分、自分自身が何かに捕らわれて、何かに固執をしているのであると思います。また情報不足という点や、臆病になっている部分がダイレクトに反映されてきているのだと思います。


それとも自分と向き合うという事から逃れてしまったことによる歪みなのでしょうか???哲学的な問いを避けるようにして起業してから数年の間は生きてきました。なるべく、哲学的な問いを考えないようにしないと苦しかったのです。また、そんな事を考えている暇もなかったということもあるかもしれません。


でも、それれは不完全な理解であっても、少しづつ考えていく中で折り合いをつけていかなければならなかったのかもしれません。それが今になって大放出しているという気がします。


けれども、やはりそれと向き合わなくてはならないのは自分で、自分自身が変化に対応していかなくてはならないという事は事実ですから、しっかりと向き合って、通過すべき場所、目標を必ず通過していかなければなりません。


でも、精神のバランスは上手にとりつつ自分と向き合って、この世界を楽しんでいかなくてはならないと、そう思う今日この頃です。


tag : 精神 人生 仕事

2015-02-09 : 作品作成日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ブログ更新履歴



当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

良い商品・サービスであっても一生懸命伝えないと売れない (06/08)

総記事数:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。