スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

愛の概念、類型、定型化を試みる 

 愛とはなんなのであろうかという問いは人類が誕生してから
今日まで人々を魅了してやまない難問である。それを考えることは
学問から遠くにいる人間であっても非常に簡単な事で、しかしながら
学のある者が考察しても解を導き出すことが困難なことである。

 しかしながら、日常生活の中で、私達は「愛」という感情を感覚的に
理解しており、またそれについて自分自身にいつも問うている。
 これは不思議なことで、自分の中に答えがあるにも関わらず、
人は何度も「愛とは何か」という解を導き出そうとするのである。
そこから、まず理解出来るのは、愛という概念、定義を自己の中に確立
している人間がいるとしても、その愛という定義は外界の不確定要素に
よって又シチュエーションなど様々な要素が絡み合うと、自己の中では
完結しない難問になるということである。

 「愛」という言葉、感情を定式化し類型化出来ない所以はここは
存在すると考えうるのである。
 そこで、まず先に思いつく限り人々の中で「愛」と呼ばれるものに
どのような類型があるか、それを(仮)に体系として一応でも組み立てる
作業をしなければならないのである。

 まずそれの類型を考えるにあたって大きく分けると二つの類型が出てくる。
「①個人完結型の愛」 「②外界接触を前提とした愛」である。

 しかしながら、ここで注意しなければならないことはいかに「個人完結型の愛」と
言えども、外界の接触を全く前提としない己の中だけの感情、執着だとしてしまうと
どうしても論理矛盾をひきおこすことだ。
 例えば、それは人間が全く人と喋らず、物にも触れず、食物も摂取しない
という極限の状態になりさらに考察すると、そもそも無という存在になり
人間が存在しないということになってしまうからである。
 よって、この考察ではあくまでも外界接触が前提となって、その下に
上記の二つの類型を導き出す結果になるのである。

 本日の考察は、ひとまずはここでとしたい。
次回は、この二つの類型に実例をつけて詳細していくこととする。
スポンサーサイト
2009-08-24 : ただ書き綴る : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

I need

What's you need ?
This question not answered,

I really didn't understanding that I need anything.
If understand this question for answer, I not worried about in my life.
But, Never looking for this answer it,

Only, flowing time in front of my eyes.
How long flowed some times.

I think about again and again for answer.



2009-08-23 : 作品作成日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

世界の終わりに彼女が言ったこと

 世界が終わるという時に人は何を考えるのだろうか。
他人を思いやる気持ちなんてあるのだろうか。
 僕は学生時代にそんなことばかり考えていた。
けれども、その解は見つかるわけもなく実際にそうなってみなければ
分からないというのが解であり、又、それ自体がカオスのようなものだった。

 そして、何年かの時が過ぎ、僕はその解を目の当たりにする時が
きてしまったのだ。
 世界が本当に終わるという・・・

 何故世界が終わるのか、それは人類が限界を感じたからだ。
全ての思想の体系は崩壊し、人は理性を失い、それこそが世界の
終わりに等しいことだったのだが、理性的な一部の人間が考えたのは
人類を全て核で焼き尽くすことだった。

 再生の道はもうそれしかなかった。
そのことは、全世界に報道され核保有国がそれぞれ持てるだけの
核を打ち込んで自国を焼き尽くす計画が人々に知れ渡った。

 「世界が終わります・・・・・・・」
僕は煙草を吸いながらキッチンで呟いた。
僕は最後の最後まで理性的でいたいと思っていた。

 世界が終わる一日前の夜、僕と彼女は最後に
未来のない、ただ無機質でそしてなにより愛しいと感じながら
抱き合い、何度も何度も快楽を貪りあった。
 それでも飽きたりず僕達は、何度も何度も、記憶が飛んでしまう程
互いのカラダを求め合った。

「ねえ、もう世界は終わるけどきっとこの激しい吐息は宇宙の
空間を揺らし続けるよね」と彼女は荒い息で言った。
 僕はその言葉に学生時代の自分の疑問を思い出した。
そうか、これが解だったのだと、その時感じた。
 又、僕達は世界が終わろうとしているのに互いを想いあっている。
絶望が大きければ大きいほどに人は人を想うことを実感した。

 「愛している」この心の振動は宇宙の中では永遠で
きっとこの空間で耐えることなく震え続けるのだと。
 それはきっと何年先も、何光年先にも届く強い波動の
ようなもので、世界が終わろうとそれはこの時空のどこかに
残るのだ。

 それが、僕の得た解だった。
それ以上の解はもう書けない。

 もう、この世界は終わってしまうのだから。
最後に、ありがとう全ての存在したものへ・・・・
2009-08-23 : 短編集 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

心の変化

 心は変化していくものだと思います。
心は普遍ではありません。
 けれども、「変化していく心」というのは
普遍のことなのだと感じます。

 だからこそ、人は良い方向に物事を考えなくては
ならないと感じます。どんな心の動きを目の当たりに
しても、それを恐れて逃げ腰になってはいけません。
時には辛くて、目を閉じたくなることもあるかもしれ
ませんが、基本的には目を閉じずにその変化を
前向きに受け止めることが必要だと感じます。

 何もかもが、自分の心の変化からはじまっていて
物事の価値観や、好き、嫌いを分けるのも自分自身の
心の変化の証なのです。

 だからこそ、物事は前向きに見なければなりません。
受け入れることが難しい時があることくらい、僕にも理解でき
ますが、自分が理性的でいられる今、客観的に過去の自分を見つめると
ネガティブな部分が目立ちました。
 その時、もっと広い視野を持ち、心の変化に柔軟な対応が出来るほどの
余裕を持ち合わせていたら、どんなに実りが大きかったことでしょうか。

 しかしながら、それも過ぎてしまったことです。
だから、いまこの瞬間からまた良い考えを持つことを
建設的に考えるのです。

 そこから全ては始まって、また終わりが来て
終わり始まることが成長であると感じます。
 
 心は変化します。その変化を見つめるだけの
勇気を余裕、そして力に変える努力をし続けて
いきたいと感じるのです。

2009-08-23 : 作品作成日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

君の恋愛に

君の恋愛を
とやかく言うつもりなんてない

君には君の価値観があり
それを正面から表現しているだけ

ただ、その影で
誰かを傷つけていることも
背負いつつ
君は自分の気持ちを表現するだけ

普通なら出来ないよそんなこと
だからこそ僕はそれを誇りに思う

誰が何を言おうと
僕は君の恋愛をとやかくいうつもりはない

君が誰かの傷を背負いながら
生きる決意をしているのだから
僕は何も言わないよ
 
 
2009-08-23 : 恋愛詩 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Show your a reason

You looking for a reason that think based on nothing it
You know everything of the your heart

There's been too many things
But No have showed a reason for life

Your drop down logical thinking
Because, You not understand yourself mind

So, I want to show your a reason and life is means
Kind a lot of it
Fell down tears from your cheek

Can you try to find reason again and again
But, not find it

You need more time
Looking for only yourself life reason
2009-08-21 : ただ書き綴る : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

信念など持たなくていい


 何かを始めようとする時、「今度こそは!!!」と意気込んで
計画を立てて、そして三日目にはもう計画通りにいかなくなって
やめてしまったという経験がある人はたくさんいると思います。

 それは信念が逆に働いてしまったパターンです。
しかしながら、そのはじめの想いが強いからこそ、全て決めたことを
完璧にやり遂げようとするため、計画通りにいかなかったときに
やめてしまうのです。

 何かをしようとするとき意気込み過ぎることは禁物です。
「今度こそはやりとげる」というのは良いことだと思いますが
心理的な裏を返せば、自分は信念が弱いから、意思が弱いから
気を引き締めていかなければならないという思いがあると
思います。

 表面上はとてもポジティブに見える行為であることは
間違いないのですが、心の中には計画通りに進むことは
難しいというネガティブな想いが非常に強くあるわけです。

 計画通りに進めば、それは満足だと思いますが、
そのように自分を追い込むよりは、もっと気を楽にして
少しでも継続しようという軽い気持ちで良いと感じます。

 あまりに意気込み過ぎると、完璧な計画の進行を求める
あまりに、途中一度さぼってしまっただけで、また0からスタート
して、また途中でやめての繰り返しになってしまいます。

 だからこそ、何かを始めるときには強い信念などいりません。
よもや、それを「やりたい」と思った時点で良いことなので
それ以上に自分に負荷をかける必要もないと思います。

 計画を立てるより、少しでも毎日自分がやろうと思ったことに
触れることが大切だと思います。それを継続というのですから
計画より、毎日それに触れる努力だけで良いとおもいます。

 その中で、欲が出てくればしめたものです。
もっとやりたい、もっと知りたい、もっと上達したいという
想いがそれにあたります。その時はその気持ちが赴く
ままにそれに当たれば良いのです。

 とにかく重要なことは、「やろう」と思ったことに
対して毎日ほんの少しでも良いから触れ続けることが
大切だと思います。

 今まで計画を立てては失敗をした方には今度は計画を立てずに
毎日それに触れるということをして頂きたいと思います。
 その中で、「もっと」という気持ちが自分の胸の内から溢れて
くるときが来たら、それに乗っかれば良いのです。

 是非、一度肩の力を抜いて、毎日それに触れてみるという
ことをしてみて下さい。きっと綿密な計画を立てるよりも
続ける、継続するという効果を実感できるかと思います。

 はじめの信念より、とにかく少しでもそれに触れ続けること
が一番物事の上達には大切なことなのです。

2009-08-19 : ただ書き綴る : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

was tired of life

Was tired of life.
But I must to life.

Not escape for happen and fear.
I will win it.

This way of Only win!!!
And I am Living!!!
2009-08-18 : 英語学習中 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

嫌なこともあるけれど

 生きていると嫌なことなんてたくさんあります。
けれども、それは本当はたいしたことではなくて
自分が只、短絡的に毛嫌いしているだけのことが
結構あります。

 なるべく広い視野を持つために、毛嫌いと先入観は
なくして、ありのままを自然に受け入れる体制が必要です。

 理由を考えることも大切ですが
ただ、自然にそれを受け入れるということも大切です。
広い視野を持つために、自分の中にある先入観を
捨て去らなければなりません。

 しかし、学習をしなくて良いということではなく
あくまで学習と先入観のバランスを取らなくてはならない
ということです。

 その均衡が一番難しいことかもしれませんが
その均衡をとって、広い視野を持ちつつ学習を続けて
いくことが大切です。

 その中で、何かを見つけることが出来ると感じます。
2009-08-17 : 世界を愛して : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

精神と肉体の関係

 健全な精神は屈強な肉体に宿るのだと最近自分自身感じます。
肉体以上に知識を重視してきましたが、その6年間のつけが
いままさに襲い掛かってきています。

 とにかく毎日体がだるいという症状は
行き過ぎた運動不足からきているものでした。
最近は、少し運動したり、力のいる掃除をしたり
するだけで次の日には筋肉痛になるほど
体が弱りきっていました。

 そして精神病になったのもそのせいではないかと
思い、規則正しい生活までにはなかなかいきませんが
簡単な運動を、筋肉を取り戻すことにしました。

 具体的にスクワットを100回やるということに
しました。もう筋肉は二日目にしてパンパンです。
しかしながら、この筋肉痛があると生きているという
実感が非常に強く感じられ健全な精神が戻って
きているような気もします。

 そして、血流もよくなり脳に酸素が良く運ばれるのか
頭の回転もましてくるような気がしています。
 少しづつ、高校生の頃好きだったマラソンをはじめて
みようかと思います。

 スクワット100回がなんなく出来るようになり
筋肉痛が解消された後なら、また幾分かは昔のように
走れるようになるような気がします。

 少しづつ以前の強い肉体を取り戻して
精神にも良い影響を与えていきたいと感じます。

 本当に屈強な肉体に、健全な精神が宿るのだと
実感しています。
2009-08-17 : ただ書き綴る : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

思いつくままに時間を語る

 時間という概念は人間にもし寿命というものが
存在しなければ存在しない、またそれを意識して
予定を立てるということももしかしたらなくなるかもしれない。

 人間は有限の時間という流れに流されて生きている。
その激流と止めることはできないけれども
ささやかだけれども、人は人生を楽しむことができる。
笑うことができる。

 言い換えれば、その激流のように流れゆく時間を
楽しむことができるのだ。
 限りがある時間ならば、楽しんだ方が良い。
自分がやりたいと思うことを真剣にやった方が良い。

 それが何をもたらすかは別として
自分が本当に心からしたいことを追求すれば
きっと生活には困らないだろう。
 だって、ひとつのことをやり続けるということは
それのプロフェッショナルになるということだから。

 現実には難しい場合もあるかもしれない。
でも、やりたいことから、仕事があるからなどと
逃げてはいけない。どんな少ない時間であっても
自分が真にやりたいことを追求して、それを
人に見せ作品として昇華していくことが重要なのだ。

 やりたいことをやるために仕事があるのだと
一定期間は割り切って行うことも必要だ。
 一番悪いことは、やりたいと思うことから逃げて
何もやらないことが一番いけないことだ。

 確かに私たちには生活していかなければならない
という状況があるし、ひとつの事ばかりはやっていられない
ということもあるかもしれない。
 けれども、一日の内に少しの時間でも良いから
心から自分のやりたいことを楽しむ時間を作りそれを
やり続けることが重要なのだ。

 それがやがて、人生の糧になり、あなた自身を助ける日が
必ずくるのだから、本当にやりたいことがあるのなら、恐れずに
毎日少しでもやることが重要だ。

 それがいつ評価されるかはわからない。
けれども。もともとは自分が真にやりたいことは
人から認められる為にやるものでもないはずで
評価されないことが苦になるのなら、それは
あなたが本当にしたいことではなくて
「もし出来たら評価される、社会的信用が上がる」など
何か欲で動いている可能性が高い。

 そういうものは長続きしないのは当たり前である。
それは、自分がやると決めたことであっても外界の状況から
影響を受けて始めることで、もともと主体性に欠けているから
である。

 真にやりたいことを見つけることも大変かもしれないけれども
本当に心からそれをやりたいと思えることが皆さんに見つかることを
心から願っております。

 そして輝かしいあなたの人生という時間を楽しんで
欲しいと思います。いつか人は時間を使い果たします。
それならば、あなたが真にやりたいことを見つけて
一日でも早く楽しい充実した時間を過ごせるようになる
ことが大変重要に思います。

 自分自身もなかなか書いているほどには物事を楽しめる
わけではないので、自分への戒めも込めてこの文章を書きました。

 皆さまも真にやりたいことをやって充実した
人生をすごされますよう、心からお祈りいたしております。
2009-08-14 : ただ書き綴る : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

君の自由にできる

君は君の道を歩めばいい
誰の人生ではないのだから
君は自分の責任で
しっかりと前を向いて勇気を出して
歩いてゆけばいい

でもね、
もし君が失敗を人のせいにするなら
君は自分で道を決めるべきじゃない
だって、君は自分の責任を転嫁いるか

自分に起こる全ての事象が
自分の責任で起こっているという事を
君が理解しているなら

君は好きなように歩めばいい
それは君の人生なのだから
2009-08-14 : 啓発詩 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

眩しすぎて

夏のせいかな
君の笑顔が眩しすぎて
僕はクラクラするよ

夏のせいかな
君が近くに来ると
僕の体は熱くなるよ

もう、随分と君と長い時間を過ごしたのに
僕はいまでも君の笑顔を正面から見るのが
とても恥ずかしいんだ

おかしいでしょ
笑っちゃうでしょ
でもね、もう6年も君と一緒にいるのに
君の笑顔は眩しすぎて
そして、僕は何度も何度も君に恋をする

夏のせいかな こんな気持ち
夏のせいで勘違いしているのかな
2009-08-14 : 元気になる詩 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

感じるままに

 今、感じるままに記事をどんどん更新しています。
それは脈略もなく自分の中に生まれるイメージをブログに書き
綴っているだけですが、なんとなく自分自身にとってこの何かを
書くということは意味のあることだと感じます。

 自分自身本当にいろいろなことに迷いながらやって
きました。けれども、その混沌の中でまた希望を見つけ
また挫折感や戸惑いなどを感じという繰り返しです。

 しかしながら、それを繰り返していいくことで
確実に何か人間として成長している気がします。
 このブログは自分がまるでノートのように使っている
脈略のないブログです。

 けれども、誰かが少しでも読んでくれるということ
それに重要な意味がある気がして僕はこうして
キーボードを打っています。

 幼少の頃から、僕は紙とペンがあれば自分が
かなえたいことを叶えられると信じていました。
 それから随分と大人になってしまったものですが
僕は今でもそれを信じています。

 紙とペンは僕にとっては夢を叶えるための
大切なツールなのです。そして今は紙とペンに
加えて、パソコンとプリンターもそれに加わっています。

 しかしながら基本的には紙に書く方が個人的には
好きで、詩を書くときはもっぱら紙にかいています。

 今日は思いつくままにブログの記事を無制限に
更新していますので、紙には書いていませんが
普段はほとんどの事を紙に書きます。

 Webからの情報は自分が有益だと思った記事は
殆どプリントアウトしてファイルに閉じています。
 パソコンの画面の文字を読むより紙媒体の方が
自分は落ち着くのでしょう。

 話がずれてしまいましたが、つまり今日は際限なく
感じるままにただブログを更新していこうと思います。

 感じるままに、思いつくままに、そのままの言葉を
綴っていこうと思います。
2009-08-14 : 作品作成日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

希望

小さな胸に何を抱えて生きているんだい
何か大きな問題なのか
それとも小さな希望なのか

前者と後者では随分異なってしまうよ
君がどちらを抱えているのか
僕には理解のしようもないけれど

ただ願うのは
君が後者を抱えているということ
ただ、それだけ
2009-08-14 : 啓発詩 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

自由を手に入れる為に

世界が動くスピードを意識して僕たちはここまでやってきたのだ。
何事もなかったかのように笑って、僕たちは世界のスピードに翻弄されながら
この年齢になるまでやってきたのだ。

 翻弄されても、明確な意識を持ち僕たちは生きてきたのだ。
そこには信念とは違った根源的に何かが隠されているのだ。

 世界が動くスピードを意識して
僕たちは活動を繰り返してきたのだ。
まるで、波を待つかのように身を潜めて
そしてその流れに乗ったのだ

 その中で翻弄されても、そのスピードを力に変えて
僕たちはここまで生きてきたのだ

 それは否定もしようのない事実であり
僕たちの生きる真理であって、矛盾を含むがそれを正当化する
理論も同時に持ち合わせて正当化してきたのだ

 世界の流れを意識して、僕たちは大衆とは反対の行動を
繰り返してきたのだ。
 それは大きなmind controlから逃れるために
そして自由を手に入れるために、社会の常識を馬鹿にして
恐れる心をひた隠しにしてきたのだ。

 世界は流れていく、大きなうねりのような大衆意識がそれを構成して
常識を作り出すのだ。本来の人間の姿、欲望までも超越して、恐れを利用した
常識を大衆に植え付けるのだ。

 それは無意識の中に常識とされ現実世界に現われてくるだろう。
どんなインテリであろうと、その仕組みに気づくものは少なく、それを仕方ない仕組み
もしくは絶対のものだと思っているのだ。
 しかし、それは人々のつまりは大衆の心理に基づくものであって、
さらに言い換えれば、そもそもは個人の小さな思考であったはずの考えが、
ここまで大きな常識として構成されるまでには何か大きな出来事が繰り返されたはずだ。

 それを忘れて常識を個人が集団常識をもとに構成すれば、
私たちは奴隷以外の何者でもないのだ。
 この支配から逃げ出すために、私たちは時代の流れを見ているのだ。
そう世界が動くスピードを意識して活動しているのだ。

 これが無謀なことだというなら、何を糧として僕たちは生きていけばよいのだろうか。
僕たちは生きていかなければならないのだ。そして自己実現をしなければならないのだ。
そのための人生であって、それ以外の何物でもないのだ。
望む人生を手に入れ、永遠の眠りに落ちるその瞬間に、
自分の人生はよかったと思えるようにしなければならないのだ。

 だからこそ時代の動くスピードを意識して僕たちは生きていく。
社会の構造を逆手にとって僕たちは自由になるために、時代の流れを感じて
生きていく。

 自由を構成するのは何なのか、今は何を必要としているのか、
何を持たなければならないのか、僕たちはもっと大きなカテゴリーの自由を目指してやっていく。
 まずは奴隷である自分から抜け出すことが第一歩となる。

 僕たちは奴隷ではない。主体性を持った人間であって自分の思想体系を
模索する者であるのだ。その思想体系をぶつけあうことで何かを生み出していくのだ。

 止まるわけにはいかない存在であるのだ。
それに向かって生きていく。僕たちは止まるわけにはいかないのだ。
僕たちの思考が進化するのだ。
 何もかも、僕たちは自由になるために行っているのだ。
2009-08-13 : ただ書き綴る : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

For the future

I beileave that you having subconsecious mind for succesful.
Do you beileave it, don't you?

How do you feel situation yourself now?
You said that "I just belieave my mind it!!!"
And you smiled in front of my face.

I only said: Trust your mind it.
Will Go ahead For our brightning future!!!
2009-08-13 : 作品作成日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

混沌があるからこそ作品が生まれる

 基本的に僕はいつも何かに悩んでいます。
それを意識していない時もありますが、生きているという根本から
それに何の意味があり、どのように生きていけばよいのかという
問いを何度も繰り返しています。

 もちろん僕も人間なので俗的な願望というものはあります。
お金がたくさん欲しい、愛したい、愛されたい、SEXしたい
カメラが欲しい、指輪を買いたい、社会的地位が欲しいなど
数えればきりがないほどあります。

 それでも、根本的な自分の問いというものは解消されないのです。
目標と立てて、その目標が達成したとしても自分の中にある問いが
解消されることはありません。

 自分はいったい何をするべきなのか、何をすることが一番自分にとって正しいこと
なのだろうか???
 楽しければ良いとは、僕も感じます。けれども、例えば友達と遊んで
楽しいかと言われれば、何だか違う気がします。それ自体が答えになる
ことはありません。

 発展性のない話題で騒ぐことでは、何か自分の答えに近づけないのです。
自分何をどのようにしていけばよいのかということは混沌の中から
自分だけの秩序と価値体系を築き上げる作業になります。

 この混沌の中で時々作品を作り上げます。
この混沌があるからこそ、僕は何かを創造することができます。
なので解を見つけたとしたら、僕の創作活動というのは止まるのかも
しれません。

 自分が混沌を望んでいるのかもしれません。
何かを感じ続ける為に、自分でこのような状況にしているのかも
しれません。
 自分で自分のことがわからないということは非常に辛いこと
かもしれませんが、でも今は、自分が混沌の中で模索している
ということが分かっているだけで、以外に自分を知っている
ということにしておこうと思います。

 この混沌の中で僕は時間の許す限り考え生きて
自分なりの思想体系、価値体系を見出していきたいと
思います。悩んで、悩んで、考え続けていこうと思います。

2009-08-13 : 作品作成日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ更新履歴



当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

良い商品・サービスであっても一生懸命伝えないと売れない (06/08)

総記事数:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。