スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

オンラインカジノでロンドン証券取引所に上場!? | オンラインカジノを法律理論で考えてみよう

日本にもカジノを作るとか作らないとか検討をしているようですね。一昔まえからカジノを日本に作ろうという動きがあったようですが、けれども国営ギャンブル、パチンコ遊技連などからなかなか受け入れられなかったそうです。


僕自身も賭け事は嫌いではありません。よもや好きな方であると思います。そうでなければ起業もなかなか出来ないというのも・・・あながち噓ではないと感じています。


パチンコ・パチスロ・競艇・競馬・競輪・TOTO(サッカーくじ)など様々なギャンブルがあります。日本は実はかなりのギャンブル大国でるという事は知られていないそうですが、日本はギャンブル大国です。その年間の市場規模もラスベガスやマカオのカジノ以上で、パチンコ業界だけで日本は20兆円という莫大なギャンブル市場の経済規模を誇っています。


それに対してラスベガスなど日本人からしたら物凄そうなイメージのカジノですが・・・案外と市場規模で比べるとラスベガスなどもたいしたことはありません。1兆円を少し越えるくらいだそうです。このようなデーターは簡単にネットで信用のある機関からデーターが提供されていますから興味のある方は調べてみると良いかもしれません。



だから日本のギャンブルの経済規模を見ると実は世界1で、各国のエンターテイメント企業、オンラインゲームの企業、オンラインカジノの企業は本当は日本という市場に出たいという状況であるそうです。



個人的にはオンラインカジノがとっても面白いと思っています。オンラインカジノというとなんだか摘発されるような後ろ暗い感じを覚える方も多いかもしれませんが、特段オンラインカジノが今日本国内で規制されているわけではありません。規制されているのは、日本国内に賭博を経営する事であって、国内業者が相手ではないオンラインカジノのプレイというのは法律理論的には問題にしようがありません。



この点について詳しく言及しますと、賭博罪を見てみる必要性があります。刑法の185、186条がオンラインカジノをプレイする事が違法であるのか、そうではないのかという点に繋がってくると思います。というか、この条文です。


では条文を見てみましょう。

(賭博)
第185条
賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。


(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第186条
常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。



ただ、ただ眺めていると、オンラインカジノをプレイするだけっで違法のような気がしませんか???けれども、それは間違いです。犯罪の成立要件というものがあります。


まず刑法に於ける犯罪というのは、基本理論として、「構成要件に該当し、違法であり、有責な行為」を刑法上の犯罪と言います。


構成要件というのは条文に記載されている「~したら ダメですよ」という文言の事を言います。刑法の賭博の場合で言えば「賭博をしたものは~」というのがつまりは構成要件です。この構成要件該当性があるかないかという点から刑法はスタートして、そして全ての厳格な違法判断、有責性の判断が認められたときに刑事上の賭博罪が科されます。それを決するのが刑事裁判です。


オンラインカジノに関してですが、僕の分かる範囲ですと、「胴元」と「お金を賭ける側」の二者の存在を必要とするのが賭博罪の構成要件の中にあります。ですから、両者が日本国内に於いて刑法上の構成要件を満たさない限り、そもそも、その行為自体を刑法上の罪として考える事は刑法上は考える事は出来ません。



オンラインカジノを提供している側が違法でなければなりませんし、それが日本国内で営業している必要性がありますが、現在はそのような構造ではありません。あくまも日本人が勝手に国外の企業のオンラインカジノのサイトに登録をして、オンラインカジノの経営が認められている国で合法的に設置してあるサーバーからプログラムを読み出して、オンラインカジノを楽しむという事ですから、刑法上の理論では賭博罪の成立を満たす事が出来ません。


ですから、そもそも論で、構成要件に該当しないと言えるわけです。賭博は二人以上いないと賭博になりませんから、片方のオンラインカジノを提供している企業側が合法という事で、さらに日本国内で経営しているわけではありませんから、問題とする事が現状の法律では無理という事です。


オンラインカジノのプレイに関してはグレーと言われているのも事実ですが、現在オンラインカジノをプレイして処罰されるという可能性を考えるのはかなり難しい事です。新しく法律が出来てオンラインカジノのプレイ自体を規制する法律が出来れば、もちろんそれは適用されますから処罰の対象となりますが、そのオンラインカジノをプレイしてはいけないという日本の国内法が整備される以前にオンラインカジノをプレイしていた人々を処罰できるわけではありません。遡及処罰の禁止は憲法上にも明記され現在刑法上の重要な原則となっているのです。


ただ、判例も確立されていませんし、まだこれを問題として刑事的に訴えたという人もいませんから、結局のところは裁判をするとどのような判断が下されるかは未知です。結局のところ裁判所という役所の判断で物事が判断されるというのが結論ですから、究極的にはオンラインカジノをプレイする事が違法なのかそうではないのかという事は今のところ全く分からないというのが最も正しい解釈で、結局弁護士に相談をしてみてもオンラインカジノで賭博罪が成立するという見解はまず支持は出来ないはずですし、結局は「分からない」というのが正直なところです。


オンラインカジノの運営者はまともなのか?
ちなみに、オンラインカジノの汚名を挽回するようなところを紹介しますと、サッカーのスポンサーなどを務めており、株式市場に上場しているオンラインカジノの運営会社があります。



ロンドン証券取引所上場企業のオンラインカジノ運営


WHG (International) Ltd
企業サイト:http://www.williamhillplc.co.uk/
運営カジノ:ウィリアムヒルカジノクラブ


32Red Plc
企業サイト:http://www.32redplc.com/
運営カジノ:32レッド オンラインカジノ


888 Holdings PLC
企業サイト:http://www.888holdingsplc.com/
運営カジノ: 888カジノ


CryptoLogic Operations Ltd
企業サイト:http://www.cryptologic.com/
運営カジノ:インターカジノ( InterCasino )


案外としっかりしているというか、株式上場までしているのには驚く方が多いのではないかと思います。僕もはじめて見た際には、やはりオンラインカジノというのは後ろ暗いイメージであったのですが、そうでもないのだという事が、株式上場をしているという事実から見て、公正な運営がなされているのだと感じました。


ちなみに日本の企業ではコナミというゲーム会社も、オンラインカジノではありませんが、施設型のカジノ運営のライセンスを各国で取得しています。


コナミ | カジノ事業
http://www.konami.co.jp/ja/corporate/business/casino.html



かなり長い文章になってしまいました・・・


年明け早々になんでこんな記事なの???と思われた方・・・すみません。突発的に書いてしまいました。



スポンサーサイト

tag : オンラインカジノ 32レッド オンラインカジノ違法性の検討 ウィリアムヒルカジノクラブ

2015-01-04 : オンラインカジノ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ更新履歴



当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

良い商品・サービスであっても一生懸命伝えないと売れない (06/08)

総記事数:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。