スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

良い商品・サービスであっても一生懸命伝えないと売れない

良い商品、良いサービスであっても放っておいたら売れません。宣伝・広告をしている商品・サービスをなんとなく悪い気持ちで見る人がいますが、でも実際には良い商品、良いサービスであるからこそたくさん宣伝・広告をしないと全く売れないのです。



だって、良い商品・サービスを開発したからと言って、誰にもそれを伝えないのに、どうやって人に知ってもらうのでしょうか。



それは物理的に無理というものです。



既にブランドイメージがあっても、宣伝広告をし続けるのがマーケティングです。宣伝・広告は買ってくださいという事も重要なのですが無意識の中で社会の一部として溶け込んでいる事がとても重要な事なのです。



だから、ルイヴィトンだって、カルティエだって、ずっと宣伝広告をしているけれども、「買ってくれ」とは広告では訴えていないでしょう?



でも宣伝・広告をやめた瞬間から人々から忘れられていくのです。だから宣伝広告をし続けてブランドイメージを保ち続けているのです。それが、とても大切な事なのです。



だから、商売をしている人やマーケティングに携わっている方に言いたいのは、どれだけの人に自分の商品サービスを露出をするのかという事が最も重要な事で、結果は人に見せた後にしか返ってこないという事です。



やり方は二の次です。大量反復継続で宣伝・広告をし続けなければならないのです。そしてたくさんの人に見てもらわなければならないのです。



人に見せる量が確保できたら、次に反応率などが出てくるのです。



でも、殆どの多くの人が、誰も見てくれない状態のままなのにも関わらず、反応率とか売れるコピーライティングというような事を勉強し続けているだけで量をこなさないのです。



もちろんコピーライティングなどで反応率の高いものが作れるようになって、それを大量反復継続をするのなら、スタートから良い結果を得られると思います。ただ、それは多くの人に、自分の書いた広告・宣伝を見せる事が出来たらという前提があります。



効果的な広告はありますが、でも、それ以上に前提の条件として、多くの人に見せなければ宣伝広告の技術などはそもそも役にも立たないという事です。



だから良い商品・良いサービスであっても、それが本当に良いものであっても伝えなければ売れないのです。人にどれだけそれを伝えるかという中で、ようやく結果が出てくるのです。



だから一生懸命に多くの人に見てもらえるような工夫をしていく事をしなければならないのです。



それをしていて、多くの人に自分の商品やサービスの広告・宣伝をみてもらえる状態になれば結果は自ずとついてくるというものです。まずは、自分の製品サービスの露出を上げるという事が最も重要であるという事です。



だから、自分の商品やサービスが売れないと嘆いている人は、もっと大量反復継続をする事です。そして、どれくらいの人にそれを読んでもらえているのか、見てもらえているのかという事を計測をしながら、より多くの人に読んでもらえるように工夫をしていく事が大切ですね。




スポンサーサイト

tag : ビジネス マーケティング

2015-06-08 : マーケティング・コピーライティング : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

久しぶりに知的興奮を覚えた出来事 | 「買いたがる脳」を読んでいて~

購買行動の事を考えながら書籍を読んでいました。また朝になってしまっているわけですが、よりよく反応率の高い広告などの提示の仕方やディスプレイ、接客方法の事を考えていました。


読んでいたのは下記の書籍です。



「買いたがる脳」という書籍ですが、脳神経科学の話などが出てきて大変に興味深い本でマーケティングだけの留まらない購買心理の書籍です。


これを読みながら気がついたのです。ふと、糸が解けていくかのようにスルリと!!


ソファで寝転がりながら、この書籍を読んでいて何かを飲みたくなったので、マンションの一階にあるドリンクコーナーに行きコーヒーとコーラを買ってまた部屋まで戻ってきて玄関で「ふと」気がついたで、「ああ!!」と声を出してしまいました。


「なんで、今ままで気がつかなかったのだろう?」と。そして、それをすぐに紙に書き留めました。


かなり端折って言えば「行動にはパターンがある」というたったこれだけの事に今日気がついたのです。これ自体は何も真新しく知った事ではなく、そもそも知識的には知っていたのです。けれども自分の体感としては理解が出来ていなかったのです。


それに今日、体感、実感を伴う形で気がついたのです。知識と自分の経験が完全にリンクして本当の知識となったというわけです。


知っている事でも、なかなかそれを活かしきれていない事があります。なかなか、現実の社会的な生活の中で、当てはめが行えていない事と、なんとなく心とか行動というものは混沌とした規則性のないものであるという事を前提としているから余計に見つかりにくいのでしょう。


人間はロボットではないから予定された行動はとらないけれども、ただパターンに入った際に、同じ行動をしてしまうという事だったのです。そのパターンに入るための入り口が様々な形をとるだけで購買行動、物事の決断への行動など、全てはパターン化されているのです。


ただ、そのパターンに入るキッカケを与える瞬間が無秩序であって混沌としているという事です。ですから、相手方が入ってきやすい入り口を何個も作っておくという事が大変に重要な事で、つまりマーケターというのは入り口作りをして商品やサービスと相手方との接点を作るという事が本当の仕事なのです。


そして、それを作り出すことは、相手の人生を豊かにするものです。決して損するものを買わせようとか、そのように思っているわけではありません。基本的には役に立ったり、面白かったりする物やサービスを勧めるわけですから臆する事は何もないわけです。


つまりは自信を持って商品やサービスを勧めれば良いわけで、何も後ろめたいことをしているわけではありません。


そもそも商品やサービスというのは誰かのニーズに合わせて作られているものです。ですから、それをしっかり相手の接点を見つけて勧めて、相手方がそれを理解して購入という行動を起こすのであれば、それは相手の人生を豊かにするということに他ならないのです。


そして勿論、相手を幸福にすると自分にも少しだけその対価が支払われます。物たサービスを売るということは、どちらかが損をする事ではありません。販売している自分もその対価で生きていく事が出来ますし、相手方はその商品やサービスによってより豊かな人生を手に入れる事になるのです。


こうして豊かさはどんどん増していくという事なのです。


これに気がつくのに、なんと時間がかかった事でしょうか。大変に時間がかかりました。


約29年と6月の歳月を費やして、このごくごく当たり前の事を実感を持って、自分の体験もリンクしつつ本物の知識となったわけです。長い長い道のりでした。いくら知っていてもなかなかこのようにリンクする事はありませんでした。これが、完全なる基礎というわけです。


つまり、これが明確に理解出来た事で、また僕自身は上に上にと迷いなく進んでいく事が出来るでしょう。


そして、そこには長らく忘れていた知的興奮もありました。そして「ああ、楽しい」「嬉しい」「解けた」という素晴らしい快感を思い出す事が出来ました。長らく味わった事のないこの久しぶりの感覚。


勉強ばかりしていた大学生時代には何度も何度も体験をしたこの感覚。だから学術は面白かったのです。このモヤモヤが消えて明確に道が見えるという感覚。


ああ、何と素晴らしい事でしょう。素朴かもしれませんが、やはり忘れていたものがあったという事です。この感覚を忘れないように、また一生懸命に知識を蓄えて、「考える」という知的興奮を味わっていきたいと心から思いました。長らく苦しんだ大きな大きな問題が解けてすっきりとしました。


これで、しばらくの間は迷い無く邁進できることでしょう。


さあ、仕事だ、仕事!!

tag : ビジネス マーケティング 人生

2015-02-16 : マーケティング・コピーライティング : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

愛と言われるものとマーケティングの関係性

今回は愛と言われるものとマーケティングの関係性について考えてみましょう。ビジネスをしている事自体が既に愛ではないなんて言う意見もあると思いますが、果たしてそうでしょうか???



ビジネスは基本的に愛がなければ行う事が出来ません。なぜなら、基本的には人間の感情を考えて、それに対してどのような言葉が最も響いて行動をしてくれるのか?という事を常に考えなければならないからです。それは、すなわち人を想う気持ちと同じように愛すべき行為であると僕は感じています。



幸福な人ほど、より素晴らしいビジネスが出来ると思います。人の事を考え、その人の悩みを真剣に考えて自分の提供しているサービスや商品がその人に対してどのような問題解決を提供するかというベネフィットを伝える事で、その人はより良い人生を選択できる幅を持つ事になります。



相手の事を考えてより良い人生になりうる可能性を提示するという事は、愛そのものだと思います。基本的に多くの人のニーズに応えるのがビジネスです。従って、そのニーズに応えるという事はすなわち、その当人の問題などの解決策を提示するという事で、その人がより幸福になる方法を考えてそれを提示してあげるという事に他なりません。



それがマーケティングの基本です。人の事を考えてニーズを満たすものは何か?という事を考えるのです。愛しい恋人に何をプレゼントしたら喜ぶであろうかという事を考える思考を殆ど同様の思考で考えるわけです。ですから、愛のない人にビジネスは出来ません。人の事を考えられない人にのビジネスはあまり上手くはいかないでしょう。



言葉は違えども全てのマーケティングの事は基本的には「人の事を考えなさい」という言葉に全て集約されています。反応率の高い言葉の選択をするという事でコピーライティングの技術がありますが、それも結局のところはどのように伝えたらより良く伝えられるかという事を言っているだけで、それも結局は恋人へのアプローチと同じ事で、心に響かせる必要があり、結局のところは人の事を考えるという事をば別の言葉で言い表したものに過ぎません。



従ってマーケティングを知りたいと本気で思うのであれば、誰か一人を喜ばせるために、行動をしてみて、そのプロセスやその人の特徴などを具体的に描いてみる事です。身近な感謝すべき人を喜ばせるために何かを計画をして、色々とリサーチをして何を提供すれば喜ぶのかという事を考えて身近な人に日ごろの感謝を伝える事を本気で行ってみてください。



そこにマーケティングの基本的原理の全てが凝縮されています。それがマーケティングの基本であり、愛を育むという概念と同じで、マーケティングの技術というの同じ事であると考えられます。ただ、不特定多数に対してそれを提供しなければならないという部分で、どれだけの反応率があったのか、ダイレクトメールのレスポンス率はどうか?などの数字の精査という事が出てきますが、本当の根幹のマーケティングの基本部分といののは「愛」を伝える行為そのものと全く同じプロセスを辿るという事が言えるのではないかと考えられるのです。




tag : マーケティング 恋愛

2015-01-07 : マーケティング・コピーライティング : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

コピーライティング・ダイレクトレスポンスマーケティングの書籍を買い漁っています ホプキンスの書籍に最も好感を抱いています

最近は自分に対しての物を買う事が多くなりました。これはある種の節約で、今までは何かあると繁華街に行って飲んでいたのですが・・・その状況も疲れてきまして・・・けれども、また何かを求めるかのように繁華街に行ってしまうという事で金銭的にかなり無駄遣いになっていましたから、「飲みに行こう」と思ったら、まずはamazonで欲しい書籍を買う事にしたのです。


案外と注文が終わるとすっきりしていて、早くその書籍を読みたくて、飲みに行く気も失せて本当に節約になります。一回にamazonで本を注文するときには多くても2万円程度です。でも、繁華街でお酒を飲むと、大抵のお会計は少なくて平均すると8万円程度です。


もう繁華街で遊ぶという事自体も一区切りついたくらいにたくさん遊びましたから今年はそこではなくて、また以前のように本をたくさん読んでいきたいと思うようになったのです。けれども、ストレスもありますからそのストレスは釣りで癒そうとと思ったわけです。


そして自分の仕事にも関係のあるダイレクトレスポンスマーケティングやコピーライティングの書籍を買い漁っているわけです。



21の広告の原則は、これは具体的に何を広告で示さなければならないのかと言う事が良く理解が出来、自分がこれまで行ってきた事と、これから行っていかなければならないマーケティング、広告に対して重要な視座を与えてくれるものでした。




広告で一最も大切な事というのは、売ることであって決してクリエイティブさを披露するデザイナーの舞台ではなく、あくまでもセールスが目的であり広告もセールスマンシップにのとって作成するべきであるという広告界の巨匠ホプキンスは言います。相手のベネフィットになる事を伝える事が重要であると。それを見落としていることがどれだけあるだろうかと思い、また自分がライティングしている文章自体は相手に対してのベネフィットをしっかりと伝えているのだろうか???という事や、これからの事業展開を考えながら読む事で新しいアイディアがどんどん湧き出してくる書籍だった。




コピーライティング実践バイブルは、一昔前の事例集という感じの書籍である。けれどもこれは読み方にコツがあり事前に頭においておかなくてはならないのは、リストマーケターがどのようにレスポンス広告を作って相手にオファーを出すと反応が良いのかという事である。故に、顧客リストを持たない、全くゼロの状態からの人が欲しいと思える情報ではないかもしれないが、マーケティングにおいて、どの属性の人にどのようなオファーを出すかという事は事業の発展には欠かせないものであり、手紙から現在ではインターネットのメール機能に変わっただけであるから、この書籍はいづれ手にしなければならない書籍です。ただ、読むだけでは何の意味も持たない書籍で事前知識がかなり必要な書籍ですからマーケティングの書籍を散々読むか、事業の経験でマーケティングや広告に携わっていないと内容を本当の意味で理解する事が難しい書籍であるという事は間違いがありません。



ライティングは、どのような文章を書いていても結局のところは見出しがダメであれば、誰からもその文章は読まれないという事がしきりに訴えられている書籍です。また、テスト済みの反応率の高い見出しで使うべき単語が実用的に収録されており、言葉の違いを例題と共に分かりやすく掲載している良書です。

これを元に、自分が売りたい物や、サービスの広告文章、ホームページ内での文章を考える事で大変に効果的なライティングを可能とする事が出来ます。これを読みながら自分のサービスや商品のライティングの事を考えないでテクニック的なものだけを追ってたとしたら多分うまくいく事はないと思いますから読みながら、自分のビジネスにどのようにこのライティングを使ってより良く自分の商品やサービスを知ってもらおうかと考えながら読むことが大切な書籍ですコピーライターやマーケターであれば必ず読んでおくべき書籍の一冊と言っても過言ではないでしょう。



デイヴィット・オグルヴィと言われる広告界の巨匠の、商品やサービスを売るための広告の書き方の指南書です。これはデザイン的な事から、何をどのように伝えられば良いのかという事が分かります。現在の広告は形を変えてインターネットサイト上のデザインに移行してきてしまうが本質的なところは同じで、相手のベネフィットは何かをしっかりと提示する事であると、やはりオグルヴィーも本書の中で語っています。ウェブマーケター、ウェブデザイナーにも必須の書籍であるという事が言えるでしょう。



これらの書籍で学べるのは、広告の書き方、考え方、文字での伝え方という事だと思いますが、究極的な共通点がありあす。それは、結局のところは相手の事を考えて書くという事を言っているのです。何十年、何万年と経過したとしても人がいる限り人は人の気持ちを知ることは出来ません。けれども予想をして、喜んでもらおうと思ったりしながら何かをする事は出来るはずです。それが最も大切で、それをどのように言葉で表すのかという事を、言葉は違えど、どのライティングの書籍でも、マーケティングの書籍でも言っているのです。


だから、この点だけは何があっても忘れないようにしながらビジネスを行っていかなければならないと思います。結局は人は感情で動いて、理性でその行動を正当化するという流れはずっと変わらないという事なのでしょう。



tag : マーケティング コピーライティング オグルヴィー ホプキンス

2015-01-06 : マーケティング・コピーライティング : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ更新履歴



当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

良い商品・サービスであっても一生懸命伝えないと売れない (06/08)

総記事数:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。