スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

日々 songed by 吉田山田 





HIV抗体検査をするときというのは、それまでの性交渉でどれだけコンドームをしていたとか、出来る限りの自己防衛をしていたとしても、やはり不安になるものです。性行為、オーラルセックスがある限りは、可能性はゼロではないからです。宝くじ並みの可能性であったとしても、人間の感情としてはネガティブなほうを想像しますし、そこには恐怖感がありますから、最悪の状況を想定してなるべく開き直るわけです。




その時に病院の待合のテレビで ふとした瞬間に流れていた曲です。あまりに良い曲だったので、それが流れ終わったときにアーティスト名をすぐにメモしました。メモまでして「もう一度、聞きたい」なんて思う曲というのはあまり無いと思います。しかもNHKの「みんなのうた」で流れていた事に驚きです。




ちなみに、僕と同じようにNHKで聞いて、それから反響が大きいそうです。その記事がマイナビニュースに掲載されていました。
↓↓↓
http://news.mynavi.jp/news/2013/12/03/462/




そう言えば、短編(ショートショート)をこのブログで書いたときに、「おばあさんを名前で呼ぶおじいさん」のものを話を書いたなって思いました。一見すると彼らと僕の書いたものは反対の設定なのですが、結局のところ同じ事を考えてかいているのだろうと思いながら、その優しいメロディーに心が切なくも温かく震えたのです。




ちなみに、HIV抗体検査の結果は、陰性であり異常なしという結果で「ほっと」しています。
(僕の場合は神経質すぎるくらいに神経質であるという事がありますので、人数が多いとかそういう事ではありません。もっと言えば、セックスする人数が多い少ないという認識ではいけません。遊んでいる人がなりやすいというだけであって、性交渉がある以上は全ての人に関係のあるもので、健康な男性女性であれば無関係な人は絶対にいませんから気をつけて頂きたいと思います。)




この歌を聴きながら、考えていたのは、この歌のように異性間が幸福になるための信頼関係の中に性病はないわけできっとそこには幸福なセックスもあったわけで、子どもも生まれているわけです。そして、その幸せばかりではないけれども、二人で生きていくという時間を重ねていく中で温かい確かなものを確信しながら、最終的に老人になって、それが幸福なのだと・・・時間は有限であるという事を実感を込めて感じる年齢になったからこそ、それが温かくとても幸福であったと言える静かに静かに流れる時間の中に身を委ねる人生をまっとうして目を閉じる瞬間をなんとなく意識して幸福を噛み締める時間。




でも、この二人が幸福に異性愛を出来たのは、そこに性病というものがなく、ある種、普通と言われる異性愛の関係があったから、このようになる事が出来たという事です。




僕はこんな事を考えていて、このような関係になるために、自分の身体、感染症にやはり少しばかり神経質なくらいになった方が良いだろうと強く思ったのです。




事例としては、妊娠をした際に女性は血液検査で必ずHIVの抗体検査もあります。その際に「自分がHIVに感染していたという事を知った」という事例があります。その女性の場合には、旦那である男性がHIVでなかったとしたら自分が過去に付き合った人々の中で感染をしていたという事が分かるわけです。




HIVのウィルス自体は感染力自体はそこまで強いものではないので、コンドームをしないセックスをしたからと言って必ず感染するというほど強い感染力はありませんので上記のような例も起こるわけです。淋しい話ですが、これで離婚しましょうって言われるかもしれないというのは仕方のない事ですよね?




それって、新しい命が出来て、いまから 「お母さん」「お父さん」という自分になるという時に、とっても悲しい事ではないでしょうか?でも、それを意識しなかった自分が悪いわけです。だって、誰があなたのセックスを止めたり、今日は良いよというよな事を制御してくるのでしょうか?自分の責任なんですよね




データで見ると女性のHIV感染が多くなっている事が多いと思うのですが、これは感染経路からして当然のことなので、男性が風俗で遊んでいて感染している人数が多いわけではありません。男性が異性との遊びが多くてそうなるという事でもありません。異性遊びというのは現代の状況からして、どちらにも大差がないでしょう。でも、その際に女性の方が感染が多くなるのは当然と言えば当然です。




HIVというのは粘膜感染です。膣分泌液、精液、血液感染がセックスにおける感染の経路となります。唾液にもウィルスは入っていますが感染力が弱いので、唾液の量程度では感染が起こる可能性はありません。ですから、オーラルセックスでは感染しないというのが定説です。ただオーラルセックスでも性病にはなりますから、その点は勘違いしないで下さいね。




それで、粘膜感染の事を念頭に於いてセックスの事を考えてみると女性の方が感染する確率が高いという事が分かるはずです。妊娠をするためには、男性の精液を女性の膣で出すことによって受精をします。その際に男性がHIVキャリアであった場合に、ウィルスが多く含まれるとされている精液を女性は全部を粘膜で受け取る事になります。




それに対してHIVキャリアの女性と男性がセックスをした際の粘膜感染は、尿道以外にありません。男性の場合には女性の膣分泌液が粘膜から吸収してしまう部分が尿道以外にないので、女性に比べてかなり身体から分泌される体液と触れる事が少ないわけです。




しかもHIVはすぐに自覚症状が出るわけではありませんから、意識の低い男性のキャリアが「自分はHIVではない」と思って恋愛を繰り返す事によって女性の方が多くなります。女性ではキャリアの男性と妊娠するためのセックスをした場合には、感染率は高いです。でも、反対に上記に述べてきたことの立場をひっくり返してください。男性の場合はHIVキャリアの女性と妊娠をするためのセックスをしても、そもそも粘膜が隠れた尿道しかありませんから感染率は低いわけです。




だから女性の方が感染が多くなるという構造が成り立つのです。よく女性の意見で男性の風俗遊び、異性関係の多さが問題として批判されているものがありますが、それ自体があまりよくセックスという事や、セックスそのものを認識していないという事を表れであると言えます。




ちなみに同性愛、特に男性同士の場合のHIVの感染が多いという理由はお分かり頂けるのではないかと思います。精液を相手男性の身体(腸)ないに発射をするからです。そこから女性と同じように身体中に精液が残されるから感染率が高くなるのです。




女性にはセックス・恋愛だけに感心が高く、それに伴うリスクも知らず責任の事も考えずに男性の性というものを批判もして欲しくないと思います。でも男性である僕が男性を擁護したいわけではありません。ただ、こと性の問題がからむと男性が批判されがちな意識が大きく、女性には問題がないというような言われ方があまりに目にあまるので、このように敢えて書いています。




ただ、間違いなく言えるのが男性も女性も意識が低いのが現状です。男性の女性も、どちらもよく考えて下さい。男性も女性も。性的な事になると男性の責任だけに転嫁される事も多いのが現状です。どちらの意識の低さも問題であるという事を考えていかなければならないのです。




ちょっと、長すぎますが良い機会なので再びこのような事を書きました。下記からは、吉田山田の歌のような異性愛の関係性の記述に戻します。




案外と誰もがこの歌ような温かい関係を望みつつも、一緒にいる異性1人をその瞬間に決めたつもりになっているのにも関わらず人間の欲望というのは留まることがないわけで、落ち着いて相手を意識しないけれども、確かにそこにいるという状態を、「トキメキがないとか」、「冷めた」とか 言ったりするわけです。そして新しい恋愛を見つけて「切ない」「ときめいている」という遊びをはじめるわけです。




結局、「ときめき」という脳の興奮状態を追い求めている状態でのぼせている状態を求め続けて、その状態で感じる「ときめき」を愛だとか勘違いをしているうちは、この歌のような関係性は絶対に掴めないという事だけは絶対に間違いありません。




この歌のような異性との関係性を築いて最終的にこんなに素敵な老人になりたいのなら、「ときめき」というような脳の興奮状態が覚めた後に、「やっぱりこの人だな」としみじみと思えるような関係を互いに努力して築いていくしかありません。ときめきというような脳の興奮状態は、この歌のような関係性を築くためのキッカケでしかありません。このような関係になりたいのであれば、この歌のように幸せばかりの日々ではないけれど一緒にいるという事を積み重ねて、その中にある幸福を二人で見つめていかなければ絶対にこのような関係性を築くという事は不可能です。




本当に好きなことをしていても、それひとつをやり続けて向上していくという事はとても難しい事です。ひとつの本当に好きな事でも、毎日際限なくそれが出来る環境を作った途端にそれは色褪せるものです。でも、それが出来る人たちがオリンピックに出たり、偉業を成し遂げたりするでしょう???




人間関係もそれと同じです。




手に入れたら終わりじゃないんです。そこからが勝負です。それが出来るから最終的に良い結果を得る事が出来るわけです。




人間関係だって、そういう事です。このような温かい最終的には「この人で良かった」と思えるような人間関係を築くというのは並大抵のことではなくて、でも、なんだかんだと言ってその人と喧嘩をしても、嫌な思いをしても一緒にいたら「やはり良い事もある」という事を積み重ねていくからこその関係なのです。




いま一度、どの年代の方にも、もう一度「性」というものを考えて頂きながら、恋愛、性別、セックス、幸福、夫婦、家族というものを考えて頂く機会にして頂ければと願ってやみません。




また、お子さんがいる僕と同じ年齢くらいの30~37歳、若しくは小学校6年生~20歳くらいのお子さんをがいらっしゃる方々には、お子さんにこれくらいの性的な事を語って頂ける様になって頂きたいと思います。




相手を妊娠させたら、もしかして妊娠したらどうする?というような責めるようなことではなく、異性とセックスを含む遊びをするにしても、性病のことをしっかり考えられるようにして頂きたいと思います。セックスを含む異性交遊が悪いという考えでいる方もいると思いますが、あなたは自分が若いとき、働き盛りの現在で、性衝動や下心を全て排除できる人間ですか???そうでない事が普通であるならば、遊びにも責任が伴うという事を男女どちらのお子さんをお持ちであっても、性というものをお子さんに語って頂きたいと思います。




結局のところ人間的に思いやっているというのであれば、このようなリ性感染症リスクがあって、それにならないように対策をするという事を出来るはずです。それが出来ないようであれば、やはり誰かを本当に好きなんて事は言えないんです。




ただセックスがしたいだけ。。。
ただ、ときめきたいだけ。。。




それを恋愛という言葉に置き換えてキレイにして、実際の生々しいセックスがある、性病がある、という現実から目を背けて自分とは関係ない、自分の子どもには関係ないというような事に絶対にしないで下さい。




また、機会を見つけてせっかく恋愛の事を書き出したブログですから、そのような事を定期的に書いていきたいと思います。このような性的な事実を書いた記事で気分を害するというような事であれば、恋愛などして頂きたくないと僕は本気で思います。社会や自分の周囲に迷惑をかけて責任とらない、もっと言えば取り返しがつかないという事になるからです。




性的交渉があってHIV抗体検査を一度も受けた事がない人は近々受けて頂けたらと切に願います。あなたの大切な人を自分が傷つけてしまうという事がないように、安心して妊娠出産が出来る未来を守るために必ず、そのようにして頂きたいと思います。




献血で調べようという馬鹿な事は絶対にしないで下さい。献血では教えてくれません。必ず近くの保健所や病院の血液検査を申し出てください。病院でのHIV抗体検査を自費となり保険は使えませんから、お金をかけたくないという人は保健所に問い合わせをして受けるようにして下さい。ちなみに僕は自費で病院の血液検査で受けています。





かなり長い文章になってしまいましたが、これくらいに僕自身が本気で考えているという事で、これは他人事ではなく、健康な人間である以上は恋愛に付随してくっついてくる問題であると思って頂きたいのです。そして、これを本気で考えて大切な人が出来た後に、吉田山田の歌のような人間関係があるのだという事を、幸福があるのだという事を知って頂きたいのです。





もちろん何かに感染してしまったからと言って、それが不幸であるとは言いません。けれども未然に防げるものであったのに、それが出来ないから、より困難な状況になったとか人に迷惑をかけてしまったという事を背負って生きていくよりも、心から健康的に、セックスも楽しい、子どもが出来て嬉しい、最終的に良い人生であったという方が良い事は比べようもないと思いませんか?




僕はそう思います。本当に大切な人が出来たときに手を伸ばせない自分になっているのもいやですから、性的接触がある場合には出来うる限りの事をします。それがマナーですし大人だと思うからです。そして、それが例えば長い間一緒にいる人ではなくて若いうちの気の迷いなどで生じた事だとしても、その瞬間に合意があってそれを行うのであれば自分もその相手を嫌いなわけでなくむしろ好意があってそれをしているわけですから、やはり迷惑をかけたくないですし、自分も迷惑を被りたくないですし、自分がその人に憎悪を持って後悔して生きていくという人生では勿体ないと思うので恋愛も本気でリスクを考えていく必要があると思っています。




本当に長い記事なってしまいました。そうHIV抗体検査は受けてみると色々と考える機会をあたえらるので、もう一度、しっかりと考えるという事をする機会としてHIV抗体検査を、性的交渉があるのに受けたことのない人は受けて頂きたいと思います。




スポンサーサイト

tag : 恋愛リスク 性病と恋愛 セックスと恋愛 性教育

2013-12-10 : 恋愛のリスク 性病 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

中高年のHIV感染の増加から見える 自己責任感覚の欠如

このブログに「恋愛リスク」というカテゴリーがあります。これは恋愛と言った際に、必ず出てくる性的交渉に伴う性病(STD)について書いていこうと思い、作ったカテゴリーです。




性愛について、つまりセックスやエッチと言われる類の事に関してタブー視をするという事はありません。その一方うで元来神経質の面があるので、性病(STD)、HIV(後天性免疫不全)、クラミジア、淋病、梅毒、肝炎などについて他の人よりかなり気にしているほうです。




その結果として、定期的に血液検査をします。その際にはHIV抗体検査も合わせて行います。その際に感じるのはHIVという言葉を出しただけでも、医療機関の人間であっても一瞬間が開きます。少しばかり驚いたような顔をしたいのを隠しているという雰囲気は伝わってくるのです。




案外と僕はスタンダードな感じでHIV抗体検査をするという事を捉えているのですが、日本国内の社会一般的な認識というのは医療機関従事者であってもこれくらいなわけですからあまり意識的に高い方であるとは言えないというのが現状だという事が浮き彫りになっています。




その一方で、恋愛に伴う性病感染リスクについての認識の低さが伺えるのが中高年の「何歳になっても恋愛を」というような風潮もあり、中高年が恋愛を楽しむというような雰囲気が最近は特段珍しい事ではなくなってきました。ただ、これに伴って、年間のHIV感染報告が若年層ではなく中高年の割合が上回ったそうです。




ここに、最もモラルを持つべき現在社会のトップにいるはずである人々のモラルの低さ、自己責任の無さという事が反映されていると言う事ができます。自由恋愛などと言ったりするのは特段かまいませんが、勝手に恋愛をしてセックスをしておいて、そのケアをせずに感染を広めていくという無責任さ。




既婚者であれ、中高年であれ人間であれば恋愛をして性的交渉を誰かと持って良いと思いますが、それに伴う責任を最低限果たして欲しいものであると思わずにはいられません。




イマドキの若者は・・・と言う世代がこの有様なわけです。恋愛は自由だとか、恋する心みたいなものを語るのは大いに結構ですが、それに伴う責任というものを認識出来ないのであれば、その資格さえないわけです。




僕は同性愛、異性愛などの偏見は特にありません。また、風俗などに関しても特段偏見はありませんし、そこで遊ぶ男性、そこで働く女性に関しても偏見はありません。




しかしながら、しっかりとリスクを認識出来ないのであれば、それをするに相応しくないという事が言いたいわけです。しかも現在、それに最も遠い位置にいなければならないはずの社会的には働き盛りの中高年に蔓延しているというのは結局のところ、指導的で模範的な立場になるべき中高年という人々のモラルの低さを示すものであると言えるわけで、従って若者のモラルなどを指摘している場合ではなく模範になるべき層がダメな状態であるから益々まずいといえるでしょう。




自由恋愛という点に関して何かを言うのは結構ですし、セックスを楽しむのも大いに結構なのですが・・・。中高年のHIV感染の増加を聞いて、自己責任、責任というものをとるという事を知らない人が社会の働き盛りと言われる人々であると思うと、それに育てられた次の世代を担う若年層がダメになるのも納得するしかないという状況であると溜息が出ます。




しかしながら、現在の中高年の時代的背景としては性感染症などが大きく騒がれた時代でもないですしバブルの時期でもありますから、異性関係の遊びというのも派手に行って大いに遊んだ人も多いという特徴もあります。どことなくタブー視されつつも、繁華街などでそのような性的な遊びがタブー視されたという時代ではないはずです。




時代背景から見るにしても、バブルの活況もあり性にも開放的であったのは現在よりも、現在の中高年の世代であると僕は分析をしています。けれども、そこに自己責任などの観念は現在より欠如しています。当時の若者が現代の中高年です。




それが自分の好きなように恋愛をしても良いんだ!!と主張しているのにも関わらず、そこにある性交渉のリスクである性感染症の事を認識しておらず、さらには責任もとらないというお粗末さなわけです。




恋愛をして「切ないです」「泣きたいです」「すっごく彼の笑顔が幸福です」なんて、それを楽しむのは大いに結構ですが、若年層にしろ、中高年にしろ、大人なわけで理性、知性を備えているはずですからリスクを認識した上で恋愛を楽しんで、その責任を負うという事を考えて頂きたいと思うのです。




恋愛と言えば、キレイで良い響きなのですが、けれども結局のところは、下半身のお話です。子孫繁栄のプロセスに組み込まれたものを人間が知性を持った故に概念形成をして作ったキレイなものが恋愛なわけです。しかしながら、夢のない言葉で言えば生殖行為です。




最近の風潮では、「恋愛はいつまで出来る」とか「恋する心は止められない」と言ったりして衝動的感情論を全面的に肯定してそれが人間であり自然であるというような風潮を作りだしていますが、本能を理性、知性というもので抑えるとか、それが性的衝動であるならばマスターベーションでとりあえず満足をするという事でおさめて周囲との人間関係を壊さないようにしてきたのが理性のある人間です。しかし、現代では本能の赴くままに動物のように頭で考えないで我慢もせずに「いつ生殖行為(恋愛)をしてもいいじゃない!!」と言っているのと変わりがない状況なわけです。




全く無責任な話で、セックスをする相手のことなど全く考えていないわけです。それで「恋愛」や「人を恋する気持ち」なんて言われた日には、「はあ?」と首を傾げたくなるのです。




よくよく、考えてみて頂きたいと思います。恋する気持ちが止められない人は、自分が健康であるか?セックスをする相手に感染症をうつす事はないかという事をしっかりと調べた上で本当に安全で相手に性的満足を与えられて心から楽しめるという状態で性的行為を行って頂きたいと思います。




なぜなら、それが大人であり、相手を思いやるという事であり、責任であるからです。それが出来ないのならば、そのような事を言う資格などありません。


2013-12-10 : 恋愛のリスク 性病 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

恋愛リスク

恋愛のリスクの一つである性病についてのコンテンツを追加しました(;・∀・)
不謹慎と言えば不謹慎かもしれませんが、恋愛、愛、性愛について書くにあたって
は、この実際にあるリスクを書かないでいるという事はまた無責任な事であると
思ったので、これについても書いていきたいと思います。



案外と恋愛と性病については別もののように考えられがちのような気がしているので
これをもっと身近にあるリスクであるという事を12歳~65歳、若しくはそれより上の
方であっても認識をして頂けたらと思います。



ただ、「遊んでいると怖い病気になる」というような抽象的な脅しのような言葉しか
いえないような大人が多くても困りますし、若年層が思うままにセックスをして蔓延
していくようなことでも困ります。



性病を大切な人にうつしてしまうような事があっても大変に悲しい事ですから性病の
リスクというものを恋愛の中でしっかりと考えて頂きたいと思うわけです。



自分のお付き合いしている相手を信用するとかしないとかそんな話ではなく、ある程度
不特定多数との性的経験がある人が増えている今だからこそ、そのような性病リスクが
恋愛に於いては必ずつきものであるという事を認識して頂きたいと思います。



セックスは楽しいです。でも、だからこそ、そこにあまり不幸な事を持ち込む事は人が
より不幸になっていく事だと思います。それは、せっかく好きになったり、一時的であれ
この人を肌を重ねたいと思った事それ事態の意味を変えてしまう、不幸な出来事にして
しまうという事になります。



特段僕は不特定多数の人とセックスをする事を否定はしませんが、それも人間であると
いう事を楽しむための一つの出来事であるとするならば、尚更のこと性病について各個人
がしっかりと理解していないといけないと思うわけです。



抱かれたい夜もありますし、抱きたい夜もあるでしょう。若い時代には尚更のこと、性的
な接触によって癒される事もあるでしょう。どうしようもなく傷の舐めあいをしてしまうよ
うな関係もあるでしょう。



それを不謹慎だというような事もあるかもしれませんが、事実としてそのような事が存在し
ているわけですから、この点について言及をしておかなければならないと思うわけです。



気がつけばセックスをある程度語れる年齢になりました。性の事について不謹慎であるという
風潮の中で、若年層をその情報から遠ざけるという事ばかりに目をやって血眼になってポルノ
などを否定する風潮がありますが、キレイ事だけを言っていても良い社会にはなりません。



児童福祉のためにポルノ排除というような運動も否定はしませんが、けれども正しい認識の
もと自分の子どもに性を語れる人がそれを言って欲しいと思います。性に関する事は蓋をし
て否定するだけの方が誰もが「楽」なんです。



性の事を真剣に子どもに教えている世帯がどれくらいあるでしょうか???それがしっかり
話し合える親子がどれだけいるでしょうか???



なんで、思春期の年齢の中高生が性病などの心配を身近な、性的な経験のある男女の契りを
交わした両親に相談出来ないのでしょうか???おかしいと思いませんか。



僕はそう思います。



ポルノ、性交渉、セックス、エッチなど言い方に種類はあれども結局はやる事は一緒です。
セックスをするんです。



不謹慎なもの、不適切な行為、厭らしい行為、淫らな行為。そう言って否定をするのも良い
ですが、では、なぜあなたの子どもは生まれたのですか???と僕は血眼に性的なものに対
して否定をしている方々に言いたいです。



と、言う事でございまして、性病のこと、恋愛のリスクについて具体的に考えていくような
文章もしっかりと掲載をしていく事にしていきたいと思います。




皆さんが素敵な恋愛関係を結んで、パートナーと幸福になれますように。愛であうような
関係を構築して素敵な家族になれますように。









tag : 恋愛 恋愛リスク 性病と恋愛 セックスと恋愛 性教育

2013-09-13 : 恋愛のリスク 性病 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

NORI SA

Author:NORI SA
【SEX】
Man

【My Activity】
文章作成/詩/創作活動/写真/
WEB/エッセイ/学術関連文書/
執筆活動/

【My Works】
企業内法務/事業企画運営管理/
国外取引契約業務/
契約書作成/WEB対策/ 
英文契約書作成/

人気ブログランキングへ

ブログ広告ならブログ広告.com

ブログ内検索

フラワーギフトのBunBun!Bee

カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ更新履歴



当サイトのブログコンテンツの移動作業中 (01/20)

最終的な結果がわかっていても・・・笑うんだよ (11/17)

抜け殻 (10/13)

(10/06)

(10/06)

さあ、もう少し仕事をしよう (09/08)

案外と自分が変わったと感じた (07/20)

人間はひとつ事しか出来ない事をしっかり知る事 (07/20)

あまりに光が眩しいと・・・ (06/16)

まだ、これから (06/12)

それぞれに正義があるから (05/20)

もっと素朴な事のような気がした (05/09)

落ち着いて心を揺らさないで (04/20)

今がら辛いなら 考えるという行為を一時やめよう (02/20)

心を揺らさない事 (02/04)

この世界を定義するもの (01/25)

全身全霊で受け止めて (01/12)

2016年のスタート (01/11)

結局のところ、結果を出したい目の前の事を好きにならなくてはならない (12/20)

もうすぐ年末です (12/20)

いつまでも書いていこう (11/15)

広大な寂しさが広がる世界の中で (11/09)

寂しさに苛立つ事が最も悲しいこと (11/03)

新しい気持ち 新しい考え方 (10/27)

君想う (09/21)

30歳を迎えた自分とブラックバス釣り (08/12)

2015年初夏(?) 最近ブラックバスを釣りに出かけました  (07/21)

キミのココロの扉を叩いてごらん (07/14)

夏風邪です・・・ (07/09)

良い商品・サービスであっても一生懸命伝えないと売れない (06/08)

総記事数:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

☆普通の日にもお花を飾ろう☆

はちが可愛かったのでフラワーショップのバナーを掲載しました。 ページが少し華やかになった気もします(*´ω`*)
フラワーギフトのBunBun!Bee

フラワーギフトのBunBun!Bee




【パニック障害を治そう】

下記バナーはNORIが製作した、パニック障害のホームページです。 簡素ながら、実際にNORI自身がパニック障害を患いましたので、同じ 疾患を持っている方や、その他メンタル面の事などでお悩みの方の 解決の糸口になれば幸いです。
パニック障害を治そう

【愛はここで生きている 音声版】

【愛はここで生きている】の音声版です。 このVOICEは、文章版の朗読ではなく、アドリブで マイクの前で、思い付いたことを語っていきます。
VOICE Bunner

NORI-Creation

ホームページを立ち上げました。こちらの内容を少しづつ 充実させながら、執筆依頼、サンプル、作品などを発表して いきたいと思っています。PDF-BOOK、Web-BOOKなどの販売も 行っていきたいと思いますので、ご活用下さると嬉しいです。
Nori-creation  

NORIへの連絡先

原稿の執筆、ライター業務を受け付けております。 ストーリー、詩、社会時事、恋愛など、幅広く 執筆させて頂きます。  条件、納期、原稿料、会社名など記載のうえ 下記メールフォームからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

もし、ブログ読者様でNORIに連絡したい という方がいらっしゃればブログ読者様も こちらからご連絡下さい。

RSSリンクの表示


  • SEOブログパーツ

Blogranking参加中

少しでもあなたの心が温かくなったら押してください blogram投票ボタン

昨晩の夢を占ってみよう

易学占い

迷いや悩みを自分の潜在意識に 相談してみましょう

【PR商品】


このブログに足りない要素を教えて下さい

いつも、ご訪問にコメント誠にありがとう ございます。何か改善の手がかりを頂 けたらと思いまして投票をつけました。
ご協力誠にありがとうございます。 これからも、改善をしてよりよい 文章を綴っていきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。